こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その5)(4)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

フジファブリック 『フジファブリック』 東芝EMI

 季節の移ろいに合わせた粋なシングル3部作を経て花開いたフル・アルバム。ストレンジかつ痛快なアレンジ、スコーンと抜けたメロディーにいつしかどっぷり引き込まれる。どこか懐かしい和風情緒といい、不思議な魅力がある一枚だ。(鬼頭)

KREVA 『新人クレバ』 KnifeEdge/ポニーキャニオン

 KICK THE CAN CREWの活動休止から間を置かずに登場したソロ・アルバムは、自身のマルチ・パフォーマーぶりを如何なく発揮した作品。ヒップホップの形態を間違いなく取りながら、それでもなおJ-Popとして受け入れられるようなレンジの広い一枚。(稲村)

NELLIE 『McKAY Get Away From Me』 Columbia

 弱冠20歳のデビュー・アルバムにして2枚組、しかもその内容はジャズからヒップホップまでを幅広く横断。音的な手法はネリー・ファータドにも通じるけれど、よりヤンチャで皮肉屋なクセ者。異色新人オブ・ジ・イヤーを贈呈!(北爪)

NORMAN BROWN 『West Coast Coolin'』 Warner Bros.

 弾いてよし、歌ってよし。ジョージ・ベンソン道を本格的に歩み始めたギタリストによるソウルフルでメロウなR&Bフュージョンの傑作。その意味じゃ、ルーツのクエストラヴも参加したボニー・ジェイムスの新作も個人的にトリコ。(小高)

『Port of Notes Evening Glow』 クルーエル

 それぞれの充実したソロを経て、歌とギターが織りなす美しい色彩と超感覚の世界で再会した畠山美由紀とDSK。松任谷由実の客演を得て、彼方に揺れる光をめざして歩を進めたら、そこは普遍に通ずるポップスの道だった!(小野田)

RONI SIZE 『Return To V』 Full Cycle/V

 年間通して活発だった地下ドラムンベース・シーンだが、この極太番長の一撃で大爆発といった感じ。古巣Vからのリリースとあって伸び伸びとブリブリしちゃってます。地下も地上も突き抜けるこのパワーはホント凄い! 恐れ入りやした。(池田謙)

RUPEE 1 『0n 1』 Atlantic

 ケヴィン・リトルのブレイクから間髪入れずに登場したルピー。ソカ界ではすでにスターの座にある彼ですが、メロウな“Tempted To Touch”のブレイクによってここ日本でも一躍時の人に! イカしたルックスと甘い歌声でギャルのハートを鷲掴み。(山西)

UN 『KNEW BUT DID NOT KNOW』 コロムビア

 ロック史に名を残すザ・ルースターズ。その初期のリーダーだった大江慎也。長い沈黙ゆえに〈レジェンド〉とされてきた彼が、その過去さえも振り払うかのように突如復活を果たしたのは、はっきりいって大事件でした。鮮烈なロック心は健在だった。(土屋)

THE ZOOT16 『RIGHT OUT!』 ZOOT SUNRISE SOUNDS

 気分は死ぬまで16歳! TOKYO No.1 SOUL SETの活動再開とシンクロした形で登場した永遠のルードボーイ、渡辺俊美ソロ2作目。和製チェット・ベイカーな歌声は口当たりはいいが、気付けばアナタはパンチ・ドランカー。(小野田)

CAPLETON 『Reign Of Fire』 VP

 ラスタ陣がとにかく元気だった2004年のレゲエ・シーン。そんななか、ヴェテランDJのケイプルトンもがっちりとした秀作を仕上げてきた。22曲収録の大ヴォリュームで、クラクラしそうなほどの男気が全開の一枚。頭から火吹きそう。(山西)

インタビュー