こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その5)(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

RAPHAEL SAADIQ 『Raphael Saadiq As Ray Ray』 Pookie

 いいものはいい、とか口走りたくなる極上のソウル・アルバム。本格的にメジャーに背を向けた天才ラファエルの真骨頂が味わえた。また、2004年にはトゥルース・ハーツの佳作も放った彼のレーベル=プーキーの動向には今後も期待したい。(出嶌)

SUM 41 『Chuck』 Island

 パンクの枠を超えた〈モダン・メタロディック節〉が飛び出した快心の4作目! グリーン・デイ、グッド・シャーロットとの同時期リリース&危ない魅力のリトルなアノ子(略して=あぶリル)との噂でもプチ話題に!(ヤマダ)

TERROR SQUAD 『True Story』 SRC/Universal

 軍団の覇権が揺らぐなか生まれた2004年を代表するフロア・キラー“Lean Back”は、起死回生どころじゃない全米No.1ヒットに。NYビートの再盛やレゲトンにも乗っかって、2005年はファット・ジョーらプエルトリカン勢がふたたび旬を迎えそうな予感。(出嶌)

3 CHAIRS 『3 Chairs』 MRKT Chairs


 黒い後光の差す4人の男によって魂が注ぎ込まれた2枚組大作にして傑作。ハウスの範疇から外れた極端に遅いBPMの曲ばかりだが、彼らなりのソウル・ミュージックはより鮮明に、眩しいぐらいに浮かび上がっている。タイムレス・クラシック!(ビグ)

213 『The Hard Way』 Doggystyle/TVT

 誰もが待望したスヌープ・ドッグ+ウォーレンG+ネイト・ドッグ=213のアルバム。ロングビーチをレペゼンし、伝統的なソウルやファンクの手法を用いつつも、カニエ・ウェストら他エリアの人材も多く起用。それでも西海岸の強い香りが残る2004年的ウェッサイ。(高橋荒)

YOUR SONG IS GOOD 『YOUR SONG IS GOOD』 Kakubarhythm

 歯切れのいいオルガンのフレーズが、ターンテーブルとサンプリングと歴史を確実に通過したヴァラエティーに富んだリズムに乗り、破天荒なパーティー感を生み出す。これぞ2000年代の新しいMODなサウンドと言ってもいいかもしれない。(駒井)

AFRIKA BAMBAATAA 『Dark Matter Moving At The Speed Of Light』 Tommy Boy

 ダンス・ミュージックの電磁石がすべてバムに引きつけられていったような2004年を象徴するエレクトロ作! バムがガッチリ見据えるワンネスに変化はなくとも、時代がゴッドファーザーの帰還を求めたのだ。(出嶌)

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『ソルファ』 キューン

 2004年、彼らがこれだけ多くの人に受け入れられたのは、影響を受けた音楽に対するリスペクト、自分たちの言葉、音、リスナーに対する責任を、真っ向から受け止めてきたからに他ならない。その姿勢と楽曲センスが見事に開花したセカンド・アルバム。(土屋)

BAJOFONDO TANGOCLUB 『Supervielle』 Surco/Universal Argentina

 タンゴとクラブ・サウンドの至福のこんにちはを体現するバホフォンド・タンゴクラブのセカンド・アルバム。タンゴを流行りのネタとしか見ていないような怠慢DJ連中には絶対生み出せない肉感性のあるグルーヴにも磨きがかかった!(佐々木)

CHINGY 『Powerballin'』 Slot-A-Lot/Capitol

 大ヒットした前作の路線を踏襲しつつ、パワーアップさせたセカンド。金、女、パーティーというヒップホップの3大エンタメ要素を全編に散りばめながらも、その真ん中にはっきりと特徴的なチンギーの存在を認識させる。2004年のメジャー路線の雛形。(高橋荒)

FLOGGING MOLLY 『Within A Mile Of Home』 Side One Dummy

〈LAのポーグス〉と言われていた彼らも、いまや日本で大人気! このサード・アルバムでも得意のノリノリ&アットホームな〈ど宴歌王道〉っぷりで、その人気を不動のものにした。エネルギッシュな4月の来日公演も凄かった!(ヤマダ)

インタビュー