こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その5)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

BUTCH WALKER 『Letters』 Epic

 この1年間、時のプロデューサーとしてあのカニエ・ウェストと並ぶ多忙ぶりだった〈アトランタの奇才〉。アヴリル・ラヴィーンから織田裕二まで、そのオモチャ箱的ポップセンスがガッチリと支持を集めた。(加賀)

CHUCK FENDA 『Better Days』 Fifth Element

 リッチー・スパイスやアンソニー・クルーズなどを擁する要注目レーベル、フィフス・エレメントのなかでも現在人気急上昇中のチャック・フェンダ。これがデビュー作だなんて! 土臭い歌声には貫禄すら漂ってます。2004年はラスタが熱い年でもありました。(山西)

CIARA 『Goodies』 LaFace/Jive

 チャートを席巻した“Goodies”を引っ提げ、来日時には昼の某番組にまで登場しちゃったシアラ。〈cRunk&B〉だけに留まらず、スロウ&ミディアムでも等身大の魅力をふりまいた記念すべきデビュー作。2004年の〈The Hottest Girl〉は彼女でしょ!(佐藤)

CONVERGE 『You Fail Me』 Epitaph

 〈カオティック〉という定型から脱し、ハードコア・パンク的な生々しい質感のサウンドへと移行した問題作。だが本質は変わらず。絶望と希望が生み出すカオス、生身の絶叫。現在、世界でもっとも信頼できるバンドだ。断固支持する!(粟野)

DAVID MORALES 2 『World Collide』 DMI

 デヴィッド・モラレスが11年ぶりにリリースしたオリジナル・アルバムは昔ながらのファンには嬉しい、王道ハウス印べったりの内容。“How Would U Feel”をはじめ、フロア映え必至のトラックばかり。2004年を代表するロングセラー・ハウス・アルバムでした。(堀内)

GOOD CHARLOTTE 『The Chronicles Of Life And Death』 Epic

 目ばりの濃さが増すとともに、音楽的にもダークで陰りのあるゴスい旋律を覗かせはじめた暗黒面開花の3作目! ポップ・パンクとはひと味違う独特の哀愁テイスト漂う〈グッシャー節〉は、この先どんな進化を遂げる?(ヤマダ)

GREEN DAY 『American Idiot』 Reprise

 前代未聞の〈パンク・オペラ〉な衝撃で、われわれの予想と期待をはるかに超えた超大作! 9分の大曲なんて聴いたこともないキッズたちを、簡単に虜にしてしまった〈不変のキャッチーさ〉はもはや王道級! チャンプ!(ヤマダ)

原田郁子 『ピアノ』 コロムビア

 クラムボンとはまた違う、親密な空気。色とりどりの音符とメロディーがふわりと躍る。伸びやかな声で豊穣なイメージを歌う時、誰の心にも響く音楽になる。童話のような和みと、美しいピアノの旋律に……時間がゆったり流れるような一枚。(鬼頭)

HIGH CONTRAST 『High Society』 Hospital

 天変地異とドラムンベース大爆発の年として皆に記憶されるであろう2004年、大量のリリースのなかぶっちぎりの胸キュン大賞をゲットした今作。ソウルフルかつメロディアス、そして清涼感溢れるトラックの数々はネオアコ・ドラムンベースだ!?(石田靖)

HIRD 『Movin' On』 DNM

 2004年も北欧が注目の的だったクラブ・ジャズ~クロスオーヴァー作品。そこに登場した意外な伏兵がこのヒルドのファースト・アルバムでした。その界隈の男たちを虜にするユキミ・ナガノも期待どおりのパフォーマンスを披露。(高橋玲)

INFUSION 『6th Feet Above Yesterday』 BMG Australia

 〈オーストラリアのアンダーワールド〉なんて表現は失礼だと思うほどイキイキしたライヴ・グルーヴを奏でて、ロック層も嫌味なく取り込んだ超アッパーなセカンド・アルバム。ニューウェイヴとかとは関係ない90's風味がスマートな快作です。(高橋玲)

インタビュー