こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

REISSUE――リイシュー作品(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/bounce編集部

伊集加代 『LIVING SCAT ELEGANCE featuring KAYO ISHU』 Solid

 和製イージーリスニング作品がどっさりリイシューされた2004年。洗練と洒脱さを極めた数々のレア音源のなかでも一際光ったのが、シルキーなスキャットで2004年を艶やかに彩った伊集加代のこの名唱集でした。(大石)

LOUISA MARK 『Rock A Shacka Vol.12 Break Out』 Drum & Bass

 スカ音源中心の発掘を続けてきた〈Rock A Shacka〉シリーズだが、今回は、ルイーザ・マークのキュートな名唱の復刻。UKラヴァーズ作品にかつてないほどの注目が集まった1年でもありました。(大石)

NAS 『10 Year Anniversary Illmatic Platinum Series』 Ill Will/Columbia

 NYハードコア・ヒップホップが燃えた94年の金字塔、ナズ『Illmatic』の新装リイシュー。記念盤が出るってことは10年を経ても人気が衰えていない証拠。ってことでビギーの『Ready To Die』も記念盤が出ましたね。(出嶌)

NICK DRAKE 『Made To Love Magic』 Island

 夭折の英国フォ-ク詩人から不意に届けられた最後の〈マジック〉は、没後30年を経て静かに解放された秘蔵音源の数々。淡い白昼夢の向こうに孤独な青年の肖像が浮かび上がる、儚くも美しい編集盤。(北爪)

NINA SIMON 『Soulful Anthology -THE COLPIXS YEARS』 東芝EMI

 死後1年後となる4月には多くの作品が紙ジャケでリイシューされ、今作を含む3種の編集盤もリリース……と、再評価の気運が一気に高まったニーナ。2005年にはトリビュート盤なんか出るとウレシイんだけど、どう?(大石)

NIRVANA 『With The Lights Out』 Geffen

 3枚組CD+DVDにレア・トラックを満載した驚愕の涅槃箱! 数々の伝説に虚飾されているがために、かえって実体が掴みにくくなっていたロック巨人のリアルな姿が刻まれたドキュメント。箱モノとしては、驚異的なセールスをマーク!(北爪)

登川誠仁 『青年時代の登川誠仁』 blue inc./M&I

 〈沖縄民謡の大御所〉がかつて〈ちょっと危険な異彩〉だったことを伝える初期音源集。周囲もビビるほどのルードボーイだった誠仁さんの、ギラギラとしたオーラが耳に突き刺さる。この時代があってこそいまの渋み、なんですね~。(大石)

PHIL RANELIN 『A Message From The Tribe』 Pヴァイン


 いったん収束したかに見えた70'sスピリチュアル・ジャズ作品のリイシューだが、この2004年はボロボロとレア盤が復活して困った。今作はデトロイトのブラック・ジャズ・レーベル、トライブの72年作。これも強烈。(大石)

SHERRICK 『Sherrick』 Warner Bros./ヴィヴィド

 活動期間は短かったものの、多くの人の記憶に残った悲運のシンガー、シェリックが87年に遺した唯一のアルバム。当然リアルタイムでは聴いてませんでしたが、この抑えた歌唱の粋な力強さは凄い! ブラコン軽視派も絶対聴けるって!(出嶌)

WAS (NOT WAS) 『Out Comes The Freak』 ZE

 ニューウェイヴ/ノーウェイヴ文脈からも重要リイシューの多かったZE界隈ですが、彼らのデビュー・アルバムだけは波があろうとなかろうと乗るべき! スタイリッシュなダンス曲がディスコ・ダブに通じる胡散臭みで良いんです。(出嶌)

VARIOUS ARTISTS 『Nicky Siano's Legendary The Gallery』 Soul Jazz

 〈復刻〉より〈編纂〉に近い好仕事を重ねるソウル・ジャズの、伝説のクラブ〈Gallery〉がテーマのコンピ。ハウスが生まれた聖地でプレイされていたソウル曲を70年代NYの空気ごと編んだ〈場〉の再発盤。(出嶌)

インタビュー