こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

REISSUE――リイシュー作品(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/bounce編集部

「ブロンディを聴いたときには〈凄い新人が出てきたわ!〉って勘違いしたぐらいで(笑)」──これは本誌11月号掲載のスカイ・スウィートナムのインタヴューにおける、彼女の発言なのですが、実際にこのような聴後感を抱くことはありますよね? もはや実際の時系列は重要ではなく、1か月前に完成したアルバムよりも30年前の作品のほうがいまの気分で聴けてしまうようなことさえありますね。ここでは単なる温故知新にとどまらず、2004年だからこその聴き方で楽しまれた〈リイシュー〉作品を紹介します。(出嶌)

AL JOHNSON 『Peaceful』 Pヴァイン

 ワシントンDCのソウル・シンガー、アル・ジョンソンが78年に残したデビュー・アルバム。スムースなミッドでの幕開けからもう夢心地で、バーナード・パーディら腕に覚えのある連中による演奏もタイト。あまりにも喜ばしい世界初CD化。(出嶌)

THE ANDROID SISTERS 『The Best Of The Android Sisters』 em

 ヤン富田がドゥーピーズを創造するきっかけになった80年代アメリカン電脳アイドルの日本編集盤。アンドロイド女声とロボ声とリズムボックスとシンセがドラえもん的な21世紀への妄想を掻き立てる奇跡のリイシュー作。(出嶌)

ARTHUR RUSSELL 『The World Of Arthur Russell』 Soul Jazz

 かつてのNYガラージ・シーンがふたたび熱視線を集める御時世にドンピシャで発掘された貴重な一枚。当時のシーンの原型を形成した功績はもちろん、彼がいかに突出した存在だったのかも確認できる。(青木)

吾妻光良 & ザ・スウィンギン・バッパーズ 『SWING BACK WITH THE SWINGIN' BOPPERS』 ヴィヴィド

 ヤングからの絶大な人気を獲得した老舗ジャンプ・バンドの初期作品もリイシュー。笑えて泣けて踊れる最高のダンス・チューンが満載で、温故知新なんて言葉も吹き飛びます。(大石)

CANDI STATON 『The Best Of Candi Staton』 Honest Jons/EMI

 キャンディ・ステイトンのフェイム音源が驚喜のCD化! しかもアルバム2枚半ぶんの楽曲+アルバム未収録曲をパックした豪華盤です。ディープすぎるソウル登竜門、と思わせて、今の耳には普通に馴染むはず。(出嶌)

CHUCHO VALDES 『Jazz Bata』 ディスコ・カランバ


 エディ・パルミエリの豪快な名パフォーマンスを集めた『Best Of Eddie Palmieri』もありましたが、70年代のレア・キューバン・ジャズ作品としては今作にトドメを刺す。圧倒的なテンションとあり余るテクニックが凄すぎます。(大石)

THE CLASH 『London Calling - 25th Anniversary Edition』 Epic

 単なるリイシューじゃ済まされないでしょ? 同梱のDVDも貴重だが、紛失したと思われていたデモが有する生々しい空気感は、歴史誕生の瞬間に立ち会えたような錯覚を覚えさせる。パンクを超えた名盤、名テイク!(石田英)

DONNY HATHAWAY 『These Songs For You, Live!』 Atlantic/Rhino

 没後25年を記念した、未発表モノを含むライヴ編集盤。エレピが走る冒頭からヤバい! ネオ・ソウル的な心地良さがあって……とか本末転倒なことを呟いてしまいそう。こういうのをタイムレスと言うのよ。(出嶌)

THE FUNK BROTHERS 『The Best Of The Funk Brothers』 Motown

 映画「永遠のモータウン」の日本公開とモータウン45周年が重なって周辺作がドヒャッと出た2004年。セレモニー感薄めに登場したこの一枚こそ、当時のファンク・ブラザーズ音源が聴ける数少ない希少盤なのです。(出嶌)

ザ・ゴールデン・カップス 『COMPLETE BEST BLUES OF LIFE』 東芝EMI

 グループ・サウンズの異端児、日本初のR&Bバンド、ハマの不良たち――。ヒストリー映画公開、再結成ライヴで注目を集めたカップスの、ブルース・フィーリングを強調した新装ベスト盤。(久保田)

THE GOOD-BYE 『READY! STEADY!! THE GOOD-BYE!!!』 ビクター

 快挙! オリジナル9作品とヨッちゃんソロのリイシュー、DVDリリース……と日本が誇るパワー・ポップ・ビートリー・ライト・オーケストラのすべてが堪能できた2004年。この2枚組ベストは入門編として。(出嶌)

インタビュー