こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その4)(4)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

ANA JOHNSSON 『The Way I Am』 Epic

 映画「スパイダーマン2」の主題曲に自作の“We Are”が大抜擢されて一躍スターダムへ。そんな彼女のシンデレラ・ロッキン・ガール・ストーリーこそ、まるで映画! 2004年度ギャル・ロック部門の最優秀新人賞は当確!(北爪)

FES 『Isms』 Ipecac

 ベルギー旋風、恐るべし。こちらはメーター・オーヴァーの祝祭感覚と猥雑さで駆け抜ける、アヴァンでハードコアなブラスバンド、FES(フラット・アース・ソサエティー)。妙な名前をしてるけど、コイツらかなりのワルとみた。シンク・オブ・ワンのメンバーも絡んでいる模様。(佐々木)

岡村靖幸 『Me-imi』 ユニバーサルJ

 何とも9年ぶりのアルバムだが、音の厚みもリズムの切れも恐ろしいレヴェルに叩き上げてきた。迷いも消え失せて、突き抜けた岡村節の濃密なファンクネスに爪先まで満たされる。長き不在の間にも、岡村靖幸の音楽への情熱は燃え続けていたのだ。(鬼頭)

ANITA BAKER 『My Everything』 Blue Note

 10年ぶりのカムバックを果たしたクワイエット・ストームの女王、アニタ・ベイカー。かつてのアーバン・サウンドの手触りそのままの内容は、煌びやかさを少しも失っていませんでした。思い出に浸る往年のブラコン・リスナー続出……では済まない普遍作。(池谷)

HOUSTON 『It's Already Written』 Capitol

 デビュー曲にして錚々たるメンツを招集した“I Like That”で華々しいデビューを飾った男前ヒューストン。ヒップホップ・シンガーといえる新世代らしいスタンスを取りつつも、歌心溢れるミッド~スロウの好曲を中心にした聴かせる作りに大満足!(池田貴)

R. KELLY 『Happy People/U Saved Me』 Jive

 何かとお騒がせなR氏ですが、こんな大作を作られてしまうと、奇跡の天才と賞賛するしかないでしょ。終始流麗なグルーヴに貫かれたステッパーズ再解釈アルバムと、厳かでスケールのデカいゴスペル仕様の2枚組。純粋にイイとしか言えない名盤。(池田貴)

THE BLACK KEYS 『Rubber Factory』 Epitaph

〈ブルース生誕100周年〉とはなんら関係ないと思うが、彼らのようなガレージ・ブルース・ロック・バンドが奮闘した2004年。さらにはベースレスやギターレスなど、基本とされているバンドのパート編成を無視したスタイルも目立っていた。(武山)

KASABIAN 『Test Transmission』 BMG UK

〈サマソニ〉出演と完殺のキラーチューン“Club Foot”で今夏の話題を蹂躙した〈暗黒のビート・アサシン〉。切り刻まれたサウンドとズリズリ地を這うダンスビートでUKシーンをねじ伏せた〈ダークサイドの超新星〉!(加賀)

SIZZLA 『Stay Focus』 VP

 この夏、待望の初来日を果たして鳥肌モノのステージを披露してくれたシズラ。湧き出るようにアルバムを連発している彼ですが、量もさることながらその質の高さは驚異的。血管が浮き出そうな気合い十分の歌声はもはや神の領域です。(山西)

BOREDOMS 『SEADRUM/HOUSE OF SUN』 ワーナー

 かつてのメンバー構成ではありませんが、まさか!の復活作。各自が地下で行ってきた音楽的実験の成果を豪快なインプロヴィゼーションのなかにドロリと溶け込ませ、世界でも類を見ない個性を今作でも獲得した。まだまだまだまだ進化しちゃうんですか。(大石)

インタビュー