こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その4)(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

DIZZEE RASCAL 『Showtime』 XL

 カッティング・エッジなビートとラディカルなライムでたちまち時代の寵児となったディジー。2004年に大きな波を起こしたグライムの大本命盤かとも思われた本作だが、もはやそれをも超越。後世に語り継がれる超絶ビートの応酬です!(青木)

MOTIF 『Motif』 AIM

 ロックやクラブ・ミュージックをごく当たり前に消化吸収してきた若者たちによるアコースティック・ジャズが今おもしろい。なかでも北欧では、次々と彼らのような有望株が現れた。強靭なグルーヴと知的な美しさには、もうヤミツキ。北欧ジャズ・シーンにも熱い注目が集まりました。(小高)

TEEDRA MOSES 『Complex Simplicity』 TVT

 満を持してリリースされたファースト・アルバム。話題をさらったシングル曲はもちろんのこと、透明感溢れる瑞々しい彼女の歌声をラファエル・サディークやリル・ジョンも的を射たサポートで援護。知的なムードも魅力的な清々しい逸品。(佐藤)

DUBSENSEMANIA 『appearance』 ソニー

 ルーツ・ロック~ダブを標榜しながらも、そのフォーマットの制限のなかで目の覚めるようにフレッシュな魅力を発揮した驚きの一枚。メジャー・デビュー盤にして勝負作、その気合いがいい方向で形となった。その鉄壁のバンド・アンサンブルも圧倒的。(大石)

MYLENE 『Mylene』 Tratore

 奇天烈打楽器奏者ハミロ・ムソットが風変わりなエレクトロニック処理を施し、自身もミニ・ムーグを操っちゃうミレーニは、これまでのブラジル音楽シーンにはいなかったニュータイプの女性シンガーだ。スタイリッシュなモダンMPBが展開された一枚。(佐々木)

22-20s 『22-20s』 Capitol

 熾烈を極めたUKロック新人レースのなかでも、濃ゆいブルース色で一際目立ったファースト・アルバム。タメの効いたヘヴィー・リフやヴォーカルの絶叫など、ブルースが持っている醍醐味をヤング・パワーでアンプリファイ! 伝統のホワイト・ブルース・シーンの継承者となるか?(武山)

EGO-WRAPPIN' 『merry merry』 Minor Swing/トイズファクトリー

 彼らの新たな幕開けを告げるには十分すぎる、聴いたこともない驚きのサウンドが満載の今作には誰もが嬉しい衝撃を受けたはず。ポップとアヴァンギャルドがフツーに同居する前人未踏の冒険に大きな拍手を!(西尾)

NANJAMAN 『ELIMINATOR』 爆音SYNDICATE

 BOY-KENらヴェテラン勢もインパクトの強い作品を放った2004年。〈ハマのアニキ〉ことNANJAMANによる今作も、レゲエが持ついくつもの魅力をはっきりと形にした強靱な仕上がりだった。その独特の語り口がシーンで異彩を放った。(大石)

ALICE COLTRANE 『Translinear Light』 Impulse

 実に26年ぶりのニュー・アルバム。亡き夫、ジョンの晩年の音楽を受け継ぎ、息子のラヴィと共に平和と慈愛に満ちた新しい世界を模索する彼女の音楽は、現代にもっとも必要なものかも。世界初CD化を含む過去の作品群もリイシューされた。(小高)

FAITHLESS 『No Roots』 Cheeky/BMG UK

 UKではすでにビッグな存在であるフェイスレスも本作でようやく日本での知名度が高まった。昔の言い方をすればバレアリックなアプローチでフォークやロック、ダブ、プログレッシヴ・ハウスなどの要素を旨くまとめて、クラブの枠を優に飛び越えた。(池田謙)

NELLY 『Sweat』 Fo'Reel/Universal

 本作と『Suit』、コンセプトを分けた2枚のアルバムを同時リリースするという快挙を成し遂げたネリー。ストリート産ヒップホップの匂いを残しながら、一流のエンタメ的な味付けも十分。聴き手が迷わず手に取れる、大スターの風格を決定的にした強力な作品だ。(高橋荒)

インタビュー