こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その4)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

K DUB SHINE 『理由』 ATOMIC BOMB/ソニー

 〈K Vs.D〉のビーフの発端という印象も強いが、生と死をテーマにした生真面目な激白ぶりとユーモア感が前面に出たK DUB SHINE本気の姿を色濃く反映した作品。なかでも“渋谷のドン”は彼らしさが出た曲。彼は2005年もパトロールし続けるはず。(稲村)

THE PRODIGY 『Always Outnumbered, Never Outgunned』 XL

 ヘッドライナーを務めた〈electraglide 2004〉での来日も記憶に新しい彼らの7年ぶりとなるロック色濃いアルバム。長い間イロモノとして辛酸を嘗めていたトゥイスタをフィーチャーしているあたりは2004年的だし、音楽的ブランクも皆無。(ビグ)

SPARTA LOCALS 『SUN SUN SUN』 ユニバーサルJ

 全人類のDNAに眠る生への衝動を信じ、ダンスの根元的なエネルギーを、バンドを介して世に放った本作。太陽の塔の頂上をめざし、8ビートのロックンロールは踊りながら階段を一歩、また一歩と、力強く粘り強く登ってゆく。(小野田)

KINGS OF CONVENIENCE 『Riot On An Empty Street』 Source/Virgin

 多くの個性派シンガー・ソングライターを輩出するノルウェーから届けられた、シーンの旗手役によるセカンド・アルバム。電子音がサウンドの要所を担い、メロディーに意欲的なエレクトロニカ勢とのリンクも感じさせられる。(武山)

PUSHIM 『QUEENDOM』 NeOSITE/キューン

 彼女の場合、出すたびに選出は確約されたようなものだが……“SOLDIER”“a song dedicated”と忘れられない名曲が詰め込まれた今作も、ここ最近の彼女の好調ぶりが見事に反映された仕上がり。流行への目配せも的確で、もはや別格?(大石)

SLUM VILLAGE 『Detroit Deli (A Taste Of Detroit)』 Capitol

 モータウン45周年の年に、いま現在のデトロイトを象徴するグループのひとつであるスラム・ヴィレッジが3作目をリリース。シカゴ出身のカニエに加え、ドゥウェレ、MCブリード、そしてJ・ディラ……と参加陣を同郷で固めて彼の地をレペゼン。(池谷)

LUCIANO 『Serious Times』 VP

 まず言えることは、このアルバムはとんでもなく素晴らしい作品だということ。愛らしい顔(ブサイクとも言う)から放たれる愛と哀しみと優しさに溢れた歌声が、生オケのトラックに映えまくり! 間違いなく人気/実力共にジャマイカNo.1のシンガーによる最高傑作!!(山西)

RADIAN 『Juxtaposition』 Thrill Jockey

 電子音にしか聞こえない特異なドラムと数学的正確さで運動するマイクロ・ノイズ。ストイックなエレクトロニカに冷たい熱情を秘めたバンド・アンサンブルが未来を刻む、ウィーン発ポスト音楽のまごうことなき大傑作。(久保)

ZAP MAMA 『Ancestry In Progress』 Luaka Bop

 エリカ・バドゥにタリブ・クウェリ、コモンにルーツといった面々の参加もあって、ヒップホップ~R&Bリスナーからも熱い視線が送られたザップ・ママの最新作。フランスのレ・ヌビアンにも通じるアフロピアン感覚の瑞々しさったら!(佐々木)

MIGHTY JAM ROCK 『TO ALL OVER』 ビクター

 大阪ハードコア・スタイルを貫いてきた彼らだが、4作目にして格段に豊かさを増した楽曲のヴァリエーションに3DJの個性が拮抗する形で光り輝いている。〈HIGHEST MOUNTAIN〉の野外開催を実現させたことも2004年の重要トピックでしょう。(大石)

Sandii 『Sandii's Lemurian Heart』 ボンバ

 この2004年に音楽活動30周年を迎えたSandiiだが、持ち前のチャレンジ精神でとびきりフレッシュ&素敵なアルバムを届けてくれた。青柳拓次らを迎えた〈Sandiiヒストリーの集大成〉ともいうべきボーダレスな魅力溢れる今作、マジカルっすよ!(佐々木)

インタビュー