こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

TRIBUTE――相次ぐカヴァー&トリビュート

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/bounce編集部

 イヤな言い方をすると、何かのツナギにトリビュート、曲が出来ないからカヴァー……なんて事情を考えてしまったりもしますが、ここで紹介しているものは、トリビュートするアーティストが楽曲に対する思いを見事に醸造し、表現しきったものばかり。ブルース100周年を受けたのであろうエアロスミスや、偉大なサンプリング源に皆が敬意を表したクール&ザ・ギャング、そしていまカヴァーされるのが時代の雰囲気的に頷けるフィッシュマンズ、真心ブラザーズ……と必然性のある作品がやはり抜きん出ていました。(出嶌)

AEROSMITH 『Honkin' On Bobo』 Columbia

 彼らの場合は、新作がたまたまカヴァー・アルバムだったってこと。みずからのルーツへ真摯に愛情をぶつけた本作は〈ブルース・イヤー〉の一翼を十分に担う、原点回帰かつ現在進行形のエアロ・スミス入魂の傑作。(石田英)

KOOL & THE GANG 『The Music Odyssey』 ビクター

 40年のキャリアを持つ大御所バンドのトリビュート盤で、アシャンティからショーン・ポールまでちょっとありえないメンツが大集合。豪華なのにムリのないカヴァー群に、オリジナル曲の包容力を再確認したり。(出嶌)

VARIOUS ARTISTS 『SAKURA MOTOWN REVUE』 ビクター

 ファンク・ブラザーズへの敬意を込めて、モータウンが誇る名曲を日本のシンガーたちがカヴァー。久保田麻琴を中心に南佳孝、ゴスペラーズ、吉田美奈子らが腕を振るって、極上の素材をモダンに料理してくれた。(鬼頭)

CAETANO VELOSO 『A Foreign Sound』 Verve

 94年にも外国語曲カヴァー集『Fina Estampa』を出していた彼だが、今作ではコール・ポーター、ボブ・ディランはともかく、ニルヴァーナやDNAまでをカエターノ色に塗り替えた異色作。ポール・アンカ“Diana”のカヴァーもナイス。(大石)

VARIOUS ARTISTS 『真心COVERS』 キューン

 現在は活動休止中の真心ブラザーズ。彼らの15周年を記念するカヴァー集が登場した。奥田民生、忌野清志郎、サンボマスターらが好き勝手に演奏して、真心の野放図かつ生真面目な魅力を伝えてくれた。本人たちもMB's名義で参加!(鬼頭)

VARIOUS ARTISTS 『SWEET DREAMS for fishmans』 SUZAK MUSIC

 音楽への愛と賛辞を贈る、至上のカヴァー集!! クラムボン、曽我部恵一らが参加。楽曲の表情はさまざま、でも根底に流れる精神は同じ。フィッシュマンズの魔法は、2004年も息づいて鳴り止まなかった。(鬼頭)

インタビュー