こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その3)(4)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

CHRISTINA MILLIAN 『It's About Time』 Island

 セクシーな“Dip It Low”のヒットで、本国USでも念願の大成功! 華麗すぎるイメチェンを遂げながらもデビュー時に見せたポップな一面も残し、格段に成長したヴォーカルは眩しいほど艶やかだ。入魂のセカンド・アルバム。(佐藤)

JAKE SHIMABUKURO 『Walking Down Rainhill』 エピック

 その人懐っこい笑顔も手伝って、すっかり日本のお茶の間でも人気者となったスーパー・ウクレレスト。ポップ&メロウな楽しさに溢れた多彩な楽曲群を通して、ウクレレというシンプルな楽器の本質と底なしの深さを伝えてくれた。(佐々木)

THE STREETS 『A Grand Don't Come For Free』 Wea UK

 UKガラージ・シーンが生んだ最大のスター、ストリーツ待望の2枚目はより幅広くなった音楽性と、エミネムを引き合いに出されるその鋭いリリックとストーリーテリングが織りなす傑作。というより音楽付き短編小説集の域に達してるわけだが。(石田靖)

THE DILLINGER ESCAPE PLAN 『Miss Machine』 Relapse

 変拍子&絶叫というカオティック・ハードコアのスタンダードともいえるスタイルを確立した先駆者。今作では従来の激烈度を維持しつつ、メロディー・パートも増強。こちらの予想を超えるヴァージョン・アップを遂げた。(粟野)

KEANE 『Hopes And Fears』 Island

 ズバリ言って、2004年度UK新人バンドの〈良心〉。ピアノを基調としたシンプルで叙情的なサウンドは、〈いい歌を唄う〉ということだけに集約されている。それは、いまもっともシーンに求められているイノセントな福音であった。(加賀)

SUIKA 『HARVEST FOR THE STRIPES』 FLY N' SPIN

 タカツキやATOMによるユニットの初作で、アンダーグラウンドでヒップホップとの結びつきを強めるスポークン・ワードの可能性をわかりやすく示した快作。カラフルな言葉の応酬に耳と脳のふだん使ってない部分を刺激されました。(出嶌)

Home Grown 『Time Is Reggae』 ポニーキャニオン

 かの“OASIS”に続く代表曲となった“Irie Music”を冒頭に配した、もはや王道のHome Gスタイルによる3作目。格段にしなやかさを増したグルーヴの強烈さも白眉もので、各地のダンスでもその勇姿を見せてくれた。ジャパレゲ勢でもっとも進化したのは彼らかも。(大石)

Keyco 『SEVEN』 東芝EMI

 以前から駄作のなかった人だけど、今回のはもう傑作! Keyco本人のコントロールのもと、鈴木正人、AQUAPIT、Cromagnonなどイイ感じの顔ぶれが生音主体のオーガニックなヴァイブを充溢させ、素晴らしい歌を待ち構える。この御時世にレゲエ色をほぼ排したのも彼女らしいというか。(出嶌)

THE SUNBURST BAND 『Until The End Of Time』 Z

 ハウスの盛り上がりと共にディスコにもスポットライトが当たるなか登場した本作は、ブームを蹴散らさんばかりのキラキラと賑やかなレトロ感に現代的要素も加えたパーティー・アンセムが満載! ジョーイ・ネグロの面目躍如、2004年のディスコ決定盤!(青木)

JADAKISS 『Kiss Of Death』 Ruff Ryders/Interscope

 NYのストリートをレペゼンし、常に最前線をキープし続ける男ジェイダキス。今作にもエミネムにカニエ、スヌープ・ドッグ、ファレルらホットなメンツが集結し、“Time's Up”“Why”がスマッシュ・ヒットを記録。むろんDブロックもアシスト。(Masso)

インタビュー