こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その3)(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

FIRE BALL 『FIST and FIRE』 LIFE STYLE/東芝EMI

 通算3作目にして最強の傑作。現場の熱気を濃厚に塗り込めながら、アイデアの豊富さ、それぞれの卓越したスキルという彼らならではの魅力も過去最高に発揮。SAMI-Tを中心に制作されたリディムの完成度も国産モノでは最高レヴェルでしょう。(大石)

□□□ 『□□□』 WEATHER/HEADZ

 誰もが呼び方に戸惑ったニューカマー。〈クチロロ〉と読みます。捻くれつつも真新しい名前が象徴するような、ぽーんと投げ出された音はエレクトロからフォーク、ポップスからインストまで。確かな力量のその下地は、あらゆる音楽に手が届く自由さと閃きの賜物か。(鬼頭)

トルネード竜巻 『アラートボックス』 スピードスター

 置かれた白い箱がポンポンと突然弾み出す不思議。何が飛び出すかわからない箱とはもちろんポップスのこと。そう、ポップスは、この跳躍力があってこそのものなのだ。そのことを再認識させられる、仕掛け満載の玉手箱。(小野田)

Flying Rhythms 『Flying Rhythms』 時空/ラストラム

 ドラムとパーカッションだけの音構成とは思えないトビを創造する、天才エンジニア=内田直之の神懸り的なダブ・ミックスが炸裂した人力ブレイクビーツの極北。EYEやGOMAなどが参加したライヴは早くも伝説になっています。(ケチャ)

LOST IN TIME 『きのうのこと』 Libra/UKプロジェクト

 下北沢界隈を湧かせるバンドというよりも、さらに多くのポピュラリティーを得るであろう〈良い歌を歌うバンド〉として着実に名を上げつつある彼ら。本作では、シングル・カットされた“あなたは生きている”など、名曲も続々誕生。(久保田)

VARIOUS ARTISTS 『Grime』 Rephlex

 いまイギリス地下シーンでもっともオモロいUKガラージに意外な男が喰い付いた! その名はリチャードD・ジェイムス! リフレックスがまとめたこのコンピはガラージのいちばんダークで濃い部分を濃い視点でまとめた濃い人向けの一枚!(石田靖)

GLIM 『Music For Fieldrecordings』 Karate Joe

 フェネスが築いた電子の道標。そこから派生した才の噂は本当だった。微細な電子音とフィールド・レコーディングの夕凪は、たくさんの宝石を聴く者の記憶に焼きつける。時間を忘れて、皆センチメンタル。(久保)

LOW IQ 01 『MASTER LOW 3』 DIWPHALANX

 プログレッシヴなアレンジとジャンルをブチ抜いて響く圧倒的な勢い、そして音楽に対する真摯なスタンス。それらを凝縮し、皮膚感覚を頼りに本作へ至ったのはストリート・ワイズゆえ。LOW IQ 01のIQはどう考えても低くない。(小野田)

BEENIE MAN 『Back To Basics』 Virgin

 〈基本に返る〉と銘打ったビーニ・マンの最新作は、世界中にダンスホールが広がったこの2004年だからこそ価値のあるものとなった。やっぱりビーニといえばダンスホールでしょう! キャリアに裏付けられたスキルの高さにも敬礼!!(山西)

GOMA 『ENDLESS WONDERER』 JUNGLE MUSIC

 クラブから野外イヴェントまで、2004年も昼夜問わず大忙しだったさすらいのディジュリドゥ・プレイヤー、GOMA。異端ジャム・バンドであるNIGHT JUNGLEでの活動や数多くのアーティストとのコラボなど話題は尽きなかった。(ケチャ)

Spinna B-ill & the cavemans 『Reggae Train』 AARON FIELD

 Spinna B-illによる濃い口の歌唱を中心にして、歌謡性とルーツ・ロックの絶妙なバランス感覚を展開した今作も忘れられない。楽曲の充実度、バンドの安定感共にステップアップ。〈横浜レゲエ祭〉でのライヴも素晴らしかった。(大石)

インタビュー