こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

HELL 『NY Muscle』 International Deejay Gigolo

 90年代後期、多くの人にとってヘルの始めた80年代リヴァイヴァルは理解不能なことだった。いまでは多くのセレブまでをも魅了するパイオニアが2004年にアルバムを出す必然……それは3曲目のリズムを聴くだけでもあきらかになる。全編が確信に満ちた一枚。(ビグ)

NEW FOUND GLORY 『Catalyst』 Drive-Thru/Geffen

 いまや〈ポップ・パンク〉の代名詞的存在だが、彼らの場合、それだけで終わるはずがない。ルーツであるハードコアの血を感じさせる高速チューンに始まり、ストリングスや女性コーラスの導入など、新たな試みがなされた野心作!(粟野)

VELVET REVOLVER 『Contraband』 RCA

〈ほぼガンズ&ローゼス〉なメンツで送る、2004年最高の衝撃。時代に迎合しないヴェテランがシルヴァータイドなどの若手と形成した大きなうねりは、〈ハードロックの復権〉という命題に対するひとつの解答となった。(加賀)

勝手にしやがれ 『フィンセント・ブルー』 エピック

 いまやホーンの入ったロック・バンドは数あるが、どれも似たり寄ったりしてしまいがちという落とし穴もある。しかし彼らは、ジャズとパンクを絶妙に融合し、映画的な手法で自分たちの音楽のコンセプトを明確に表現した。やさぐれたムードも独特でクール!(土屋)

NIRGILIS 『ニュースタンダード』 chukuri/セーニャ&カンパニー

 文脈よりも感覚を先行させた〈iPOD〉世代のニュースタンダード。ケンイシイやART-SCHOOLという異なる2組の共演を呑み込み、ライヴ感覚とデスクトップ感覚を並列させながら、伸びやかに鳴らされた大上段のポップスだ。(小野田)

AI 『2004 A.I.』 Def Jam Japan/ユニバーサル

 圧倒的なヴォーカルがようやく歌うべき歌に辿り着いた感もある大ヒット作。AFRAとTUCKER、Char、BOY-KENらゲスト陣のもてなし方で逆に自身の実力を示すやり方も巧い。コラボ集『FEAT.A.I.』に過去音源の編集盤と、2004年は計3枚もアルバムが出たのね……。(出嶌)

川口大輔 『Sunshine After Monsoon』 ソニー

 数々のヒット・ソングを生み出してきた稀代のメロディーメイカー。ソング・オリエンテッドなだけでなく、シャープなピアノプレイと甘さの残るヴォーカルを武器にその場の空気を一変させた。2005年はさらにポップ・フィールドにラテン気質を仕掛けてほしい! (駒井)

PAPA B 『NEO ENTERTAINER』 LIFE STYLE/東芝EMI

 現場で高い支持率を獲得し、アルバム・リリースが待たれていたヴェテランDJも今作でようやく真価を発揮した。MIGHTY CROWNファミリーのバックアップを受けて、緩急自在の話芸を披露。大舞台での孤高のパフォーマンスも光った。(大石)

THE ALBUM LEAF 『In A Safe Place』 Sub Pop

 元ロカスト~トリステザのジミー・ラヴェルが、シガー・ロスらの協力を得てアイスランドで作り上げた桃源郷的名盤。限りなく繊細で、ため息が出るほど美しい楽曲の数々。〈ハードコア→音響/ポスト・ロック〉の理想形。(粟野)

locofrank 『ripple』 LIMITED

 2004年、一躍知名度を上げたメロディック・パンク界の雄。突き抜けるメロディーとココロを鷲掴みにするキャッチーさを持つが、このファースト・アルバムはそれだけに留まらないミディアムを多数配しており、スピード感だけに頼らない気概が感じられる。(駒井)

RAHSAAN PATTERSON 『After Hours』 Dome

 またしても傑作!!と誰もが大絶賛のサード・アルバムは、UKのドームからリリース。しなやかに伸びるハイ・テナーの美しさに涙し、流れるようにスムースでファンキーな美曲に酔いしれる秀作。盟友ヴァン・ハントとの相性もバッチリ!(池田貴)

インタビュー