こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

LEAN BACK Vol.1――キーワードで振り返る2004年

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、大石 始、佐々木 俊広、出嶌 孝次、山西 絵美、リョウ 原田

アフターサーフ
 映画やファッションなど、サーフィン・カルチャーがなにかと話題になったこの1年。なかでも音楽シーンでの動きには目を見張るものがありました。ドノヴァン・フランケンレイター様を筆頭に、ビューティフル・ガールズ、ボー・ヤングなど海を愛する男たちによるゆったりミュージックが大ブレイク! アフターサーフ? いやいや、これらの音楽は日常に疲れた私たちだからこそ響くのです。また、Gラヴがジャック・ジョンソン主宰のブラッシュファイアに移籍し、そのブラッシュファイア軍団がベン・ハーパーとツアーを回るなど、今後はよりルーツ・ミュージックへと接近していきそうな予感。ともあれ、このムーヴメントは単なる流行ではなく、エンドレスに続いていきそうです。波が永遠に果てないように……なんてね。(山西)

青山〈MIX〉系
 青山のクラブ〈MIX〉周辺のアーティストたちが一際注目を集めた2004年。彼らが注目される理由として挙げられるのは、あらゆるジャンルを呑み込むクロスオーヴァー感覚と、それをクラブ・ミュージック・マナーで表現する視点のユニークさ。SLY MONGOOSEのミニ・アルバム『DASCOS』やRub-A-Dub Marketの『Computerlize it』はそんな〈MIX〉界隈の匂いを濃厚に漂わせた作品だった。それはTOKYO No.1 SOUL SETやワック・ワック・リズム・バンドの楽曲にも共通するものだ。そして、2005年には大ボスSLY MONGOOSEの次なる展開が……?(大石)

イタロ・ディスコ
 スカスカのリズム! 16ビートの直情シンセ・ベース! 官能的なSE! 2003年あたりからハウス~テクノDJたちの間で盛り上がり、リイシューが相次いだイタロ・ ディスコ。79~83年頃の全世界ディスコ・ブーム期に量産されたその淫靡なサウンドは、イタリア産のみならずスペイン産まであるカルト・ディスコの一大見本市(ハズレも多い!)で、やがてハイ・エナジー化してしまった時代の徒花でした。なのですが、そのイタロ熱は2004年に沸騰。モルガン・ガイスト率いるメトロ・エリア、北欧のリンドストーム、在独のダニエル・ウォン、レゴウェルトなどが現代的解釈でイタロ愛を表現したり、アレキサンダー・ロボトニックなど当時の人気アーティストまでもが復活するという事態に。2005年はどうなる!?(原田)

グライム
 リフレックスが新たに提唱し、その名もズバリなコンピ『Grime』でエイフェックス・ツイン周辺を好むリスナーから注目を集めたグライムだが、もともとはUKガラージが地下に潜伏した結果、さまざまな実験的トラックが生み出されたのがきっかけか。極太のベースライン、人を食ったような特異なドラムの響き、いびつなビート・パターン……などが特徴で、代表的なところはディジー・ラスカルか。また彼の作品で共演を果たし、ロール・ディープ・クルーの盟友でもあるワイリー、ビンゴ・ビーツから最新ダブプレートを惜しげもなく使用し、非常識なまでにブリッブリのミックスを披露したスリムジーのミックス盤もグライムを語るうえで欠かすことはできない。(青木)

クランク
 詳細はリル・ジョンのインタヴュー・ページ(P28)をチェックして頂きたいが、そもそもはUSサウスのヒップホップが生み出した〈バウンス〉という曖昧なビート(のイメージ)と差別化するために一部のアーティストが自分たちのビートを〈クランク〉と称しはじめたものである。語源は不明だが、クランク型にヒジを曲げて激しく踊る様子から取ったとも、その言葉自体がスラングで〈激しい〉とか〈ハイになって大暴れする〉とかいう状態をさすという説もある。いずれにせよ、フロアを狂乱の大暴れ状態に陥れるビートであるのは間違いないだろう。そして、その言葉を自身のサウンドを象るものとして当てはめたのがリル・ジョンなのだ。ゆえに現在はリル・ジョンの作るもの=クランクだと考えていいようだ。現に80年代ファンク的なシンセ使いと808のビートが印象的な〈cRunk&B〉はいわゆるクランクとはサウンド自体がまったく異なるからだ。逆に言うとDJスマーフやデヴィッド・バナーなどリル・ジョン系統のビートを作る人はいくらでもいる。一方、日本でいち早くクランクを自作に採り入れたL.L BROTHERSの存在にも注目だ。(出嶌)

砂漠のブルース
 2001年からサハラ砂漠を舞台に(現在はマリ、エッサカネで開催)スタートした音楽の祭典〈砂漠のフェスティヴァル〉。ティナリウェンやアリ・ファルカ・トゥーレ、ウム・サンガレといった地元の実力派から、アラブ音楽に深く傾倒しているロバート・プラントまでが参加したこのフェスの実況録音盤がジワジワと評判を呼び、独特のフシ回しやリズム、独特の匂いのするアフリカ発デザート・ブルースに注目が集まった。また、マーティン・スコセッシ監修の〈THE BLUES Movie Project〉中の、スコセッシ自身が監督を務めた「フィール・ライク・ゴーイング・ホーム」において、ブルースの源流を求めて西アフリカまで渡った、というトピックも印象深い。(佐々木)


コンピ『Medej -Cantos Antiguos Saharauis』(Nubenegra)

ソカ
 ケヴィン・リトルとルピーの急浮上で突如注目を集めたのが、トリニダードを原産国とするソカ。昨今のダンスホール人気との相乗効果で、それまで一部でしか知られていなかったこの高速カリビアン・ミュージックの認知度は飛躍的に向上、『Soca Gold 2004』や『Soca Wicked』といったコンピも注目を集めた。ただ、トリニダード以外の国から登場したケヴィン・リトルやルピーが注目を集める一方で、本場のアーティストたちにいまだ光が当たっていないのが現状で、日本においてはいまだ入手できるソカ作品の数も限られている。ということで、2005年こそ〈本当の〉ソカ・ブームが訪れることを期待しましょう。(大石)

トランス・ヨーロッパ
 まず、2004年に来日した3組。シンク・オブ・ワンにアイリッシュのキテレツ楽団、キーラ(およびバンドのリズムをコントロールするバウロン奏者=ローナン・オ・スノディ)。そしてジプシー・ブラスの雄、ファンファーレ・チョカリーア。生まれも育ちも文化のバックグラウンドも異なる彼らに共通するキーワードは、なんといってもその根っからの〈ストリート感覚〉と〈祝祭感〉だろう。ミクスチャー・ポップ系も元気で、ヒネたポップ・センスが魅力的なキャド・アシュリやグナワ・ディフュージョンのメンバーが参加するエレクトロニカ・ユニット、ミグといったところをゴチャ混ぜに語ってもまったく違和感がない。それが現在のヨーロッパなのだ。(佐々木)


ローナン・オ・スノディ『Tonnta Ro』(Kila)

インタビュー