こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

MIXED UP――存在意義を変えたミックスCD

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/bounce編集部

 一概には語れませんが、2004年のミックスCDで元気だったものを探ると、ディスコ、エレクトロ、マッシュアップ……といったキーワードに行き当たります。そんななかで名前を上げていったのがモルガン・ガイストやイヴァン・スマッグといった顔ぶれでしょう。一方でミックスで緻密なセンスを披露するスタイルの作品も多く、ジェフ・ミルズ最後のミックスCDは大ヒット。そして、最大の快挙はDJ KENTAROのあの超絶スキルがついにCDで楽しめるようになった、ということでしょう。(出嶌)

『How To Kill The DJ Part Two』 Tigersushi

 エレクトロ・ディスコの中核、イヴァン・スマッグが第1弾を担当した重要DJミックスの第2弾は注目のDJデュオ、オプティモが登板! 前回以上に新旧ニューウェイヴが入り乱れる、イマの気分全開な傑作!(石田靖)

THE GLIMMERS 『Mixed, Edited And Ph#cked Up By...』 Eskimo

 正規リリース量は本家を抜いたポスト2メニーDJs筆頭のグリマー・トゥインズが改名して臨んだ今作はクイーン、ショッキング・ブルーなどナツメロを今時ディスコに解釈した温故知新テイスト。(石田靖)

『Unclassics : Obscure Electronic Funk & Disco 1978-1985』 Environ

 メトロ・エリアのモルガン・ガイストが放った奇怪盤。イタロ・ディスコに旧ソヴィエト連邦産のディスコ……って一生聴かなくても何の問題もないような珍曲のユル~いノリにヤラレてしまうんです。(出嶌)

IVAN SMAGGHE 『Bugged Out Presents Suck My Dick』 React


 2004年の台風の目はこのイヴァン・スマッグ! このエレクト盤のほか、70年代仏エレクトロを集めた『So Young But So Cold』のコンパイルにも関与。自身のオリジナル作品集は新年に持ち越しかよ。(出嶌)

『Exhibinist : A Jeff Mills Mix』 Axis/シスコ

 宇宙人ジェフ・ミルズ最後のDJミックスは何とDVDフォーマットのマルチアングルでDJプレイを見せる革新的構成! 内容もジェフ的ハードミニマルでまさにオール・アバウト・DJジェフ・ミルズな歴史的作品!(石田靖)

ARMAND VAN HELDEN 『New York : A Mix Odyssey』 Southern Fried

 勢いに乗るサザン・フライドから登場したのは、何とヴァン・ヘルデン閣下の久々となるミックスCD! ハウスを機軸にロックやニューウェイヴ曲で流れを作っていくあたり、2004年的でした。(出嶌)

『Paradisco 3000 Presents Chicago Boogie』 Eskimo

 掘り起こしが急ピッチで進む中、注目アムスのラッシュ・アワーが辿り着いたのは老舗トラックスも再発掘するシカゴ・ハウスだった! シカゴ名曲をディープかつブギーな視点で評価したオモロミックス。(石田靖)

『NYC TRUE CLASSICS MIXED BY TIMMY REGISFORD』 ユニバーサル

 2003年にも日本オンリーでソウルフルなミックスを披露した御大ティミー・レジスフォードが再度オン・ザ・セット! お気に入りのモータウン曲でピークを作ってくるあたり、ベタでも最高ですな。(出嶌)

DJ SLIMZEE 『Bingo Beats Vol. 3』 Bingo Beats

 海賊FMで腕を磨き、ディジー・ラスカルのDJも務めた凄腕、スリムジーの超絶ヘヴィーな快楽ミックスがあのビンゴ・ビーツから登場!! 自身が主宰するダンプ・ヴァルヴ音源も交えつつ、全編グライミーな音塊に殺される!!(出嶌)

『DJ Kicks : Erlend Oye』 !K7

 DJミックス界の老舗〈DJ Kicks〉シリーズにキングス・オブ・コンビニエンスのアーランド・オイエが参戦。本職DJではないぶん、曲のツナギを歌ってゴマかす(!)手法を編み出し、コンビニ王カラーで統一したコロンブスの卵的快作。(石田靖)

DJ KENTARO 『Bwoy On The Wheels Of Solid Steel』 Ninja Tune

 日本人初のDMC王者に輝いたDJ KENTARO待望の初ミックスCDは何とあのニンジャ・チューンの名シリーズから! 全編で炸裂し倒すコスりも凄いが、大器の片鱗を感じさせる流れと構成力が圧巻。(石田靖)

『DJ AKI : NEW TYPE DRUM+BASS 06S』 WOMB

 本国UKでは未曾有のリリース・ラッシュであったドラムンベースだが、長らく不在だった日本代表に東京の赤い彗星DJ AKIが躍り出た初DJミックス! ソフト&ハードを絶妙に使い分けた世界水準なカッコ良さ!(石田靖)

MURO 『STONED』 Stones Throw/INCREDIBLE

 ベスト・アルバムのリリースなどキャリアのまとめ的な動きも見せた2004年のMUROだが、一方でミックスCDのリリースにも積極的だった。今作は交流の深いストーンズ・スロウ音源をファンキーに繋いでいくありそうでなかった盤。(出嶌)

DJ KAORI 『"RIDE" INTO THE PARTY』 ビクター

 これまでにも何枚か日本でオフィシャル・ミックス作品をリリースしているKAORIだが、洋楽邦楽をディスク各1枚に収めたこの2枚組はかつてないほどのヒットを記録。衒いのない選曲センスが光る、これまたありそうでなかった盤。(出嶌)

インタビュー