こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その2)(4)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

AVRIL LAVIGNE 『Under My Skin』 Arista

 2003年に続き、〈雨後の筍〉ならぬ〈アヴリル後の少女ロック〉と化した2004年のポップ・シーン。しかし! 今作でアヴちゃんは一足お先に新本格派の仲間入り! あらゆる面で彼女が本物であることを痛感できる快心作でした。(冨田)

BUILD AN ARK 『Peace With Every Step』 Kindred Spirits

 名盤の復刻も相次ぎ、ますます再評価の気運高まる70年代のスピリチュアル・ジャズ作品。当時の伝説的ミュージシャンを迎え、その精神を現代的なセンスでクラブ世代の若者に伝えたこのユニットの功績は大きい。来日公演も最高でした!!(小高)

capsule 『S.F. sound furniture』 contemode/YAMAHA

 フューチャリスティックなコンセプトで、ジェット機とボサノヴァは相性が良いことを改めて証明してみせたエレクトロ・ポップの魔術師。キッチュなサウンドプロダクトを駆使し、ヴァーチャルな空間を完璧に演出する手捌きには脱帽。(駒井)

!!! 『Louden Up Now』 Warp

 大所帯バンドが奏でる、パンクもファンクもクラウト・ロックも喰らい尽くした末に排出された恐ろしいほど強靱なダンスビート。カテゴリーを超えて絶大な支持を集めた本作は、21世紀ロックの行き先を示唆するマイルストーン的傑作!(北爪)

CINEMA dub MONKS 『TRES ~sometimes on a field kickin' a ball』 Roujin

 マヌー・チャオらヨーロッパの先鋭たちなどとの交流や、VJを伴った即興性の高いライヴから、2004年後半の〈噂〉となっていた沖縄のグループ。あらゆる垣根を鼻歌を歌いながら飛び越えていくような軽やかさが2004年的でした。(大石)

DJ MARKY & XRS 『In Rotation』 Innerground

 ワッと盛り上がったブラジリアン・ドラムンベースの真打ちはやはりこのDJマーキーでした。DJプレイでの姿とは異なり、ジルベルト・ジルをフィーチャーした“Dia De Sol”など、音楽的なふくよかさを追求する方法論で、聴かせる作りの名作を完成!(高橋玲)

DONAVON FRANKENREITER 『Donavon Frankenreiter』 Brushfire/Universal

 ジャック・ジョンソンが有機農法で育てた苗はここ2年ほどですくすくと育ち、2004年はさながら〈波乗りシンガー〉収穫祭の様相を呈した。なかでもヴァン様は別格! 哀愁漂う名曲たちが揃ったアルバム。(冨田)

FENNESZ 『Venice』 Touch

 ワールドワイドなポピュラリティーを獲得したアルバム『Endless Summer』の余韻を残しつつ、ヴェニスの海に乱反射する光り輝く音の粒子。フェネス注目の次手は、ゆるやかながらもさらに独創性を極めた永遠のノスタルジア。(久保)

FRANKIE KNUCKLES 『A New Reality』 Definity

 御大フランキー・ナックルズが久々にリリースしたオリジナル・アルバム。アンセム化した“Keep On Movin'”をはじめ、特にアルバム後半の展開は絶品! 大復活を遂げたと言っても過言ではない、デフ・ミックス全盛期のサウンドと貫禄に溢れた傑作!(堀内)

FRANZ FERDINAND 『Franz Ferdinand』 Domino

 彼らをヌキに2004年のUKロックは語れない、と断言していい今年度最重要新人バンド。10年前のブリット・ポップ期を思わせる華やかさと、脳裏にこびりつく唯一無二のサウンド。この先10年は聴かれるであろう金字塔。(加賀)

インタビュー