こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その2)(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

LIL' FLIP 『U Gotta Feel Me』 Sucka Free/Columbia

 H・タウンが誇るイケメンもついに全米で大ブレイク。アーシーな南部ビートを基本にしつつも振り幅広めなサウンドでコンパイルされ、アルバムは実にカラフルな仕上がり。“Sunshine”が大ヒットを記録し、その余波は日本にまで迫りくる勢い!(Masso)

MODEST MOUSE 『Good News For People Who Love Bad News』 Epic

 ワシントンDCが誇るマルチ・プレイヤー集団の最新アルバム。パンク/インディー・ロックが持つ自由な精神と、伝統的なアメリカン・ロックの大衆性が融合。愛らしくも時に狂暴な、一筋縄ではいかないポスト・ロック。(粟野)

PRINCE 『Musicology』 NPG/Columbia

 高まる賛辞を受けて5年ぶりにリリースしたメジャー流通作。シャープなJB型ファンクの表題曲、瑞々しいロックンロールに乗せて世情にメスを入れた“Cinnamon Girl”、神々しいメドレー風の後半……。80年代を思わせるスネアとかも含めて全編が伝家の……いや殿下の宝刀!(出嶌)

SOULHEAD 『BRAIDED』 ソニー

 デビューと同時にブレイクした姉妹デュオの2作目。スムージーでアッパーなグルーヴ感はそのままに、Gファンク風のビートやキャッチ-なディスコ・チューンなど曲調の豊かさは段違い。一方ではラップも含めて和モノ感がアップ。結果、前作以上の成功を収めることに。(出嶌)

Syrup16g 『Mouth to Mouse』 REBELS

 2003年末のバラード“My Song”、アルバム先行曲“リアル”といった〈新境地〉の先に待っていたのは、バンド史上もっとも聴き応えのある一枚。5か月後に届けられた『delayedead』も含め、Syrup16gにとって豊作の一年でした。(久保田)

TANYA STEPHENS 『Gangsta Blues』 VP

 “It's A Pity”で日本でもブレイクしたタンヤ・スティーヴンス。女性シング・ジェイというのも珍しいですが、そんなトピックを抜きにしても、こんなにも懐の深い歌声を聴かせてくれるアーティスト、そうはお目にかかれない! 泣かせます。(山西)

TETE 『A La Favour De L'automne』 Sony France

 セネガル生まれのフランス人、移民第三世代のテテのサウンドには、いわゆるアフロ性みたいなものは希薄だが、このフォーク・ロック調のシンプルで親しみやすいメロディーのなかには、なにかと忙しい世の中の気分が凝縮されてたのかもしれない。(佐々木)

TINARIWEN 『Amassakoul』 IRL

 サハラ砂漠周辺の濃ゆくてアツ~イ音楽の数々が〈砂漠のブルース〉として注目を浴びた2004年だが、なかでももっとも異彩を放っていたのがこのティナリウェン。伝統音楽をファンキーに料理するも、おっさんの汗が染み込んだしょっぱさ具合がブルージー。(佐々木)

椿屋四重奏 『深紅なる肖像』 DAIZAWA/UKプロジェクト

 ドラマティックかつ妖艶さを湛える楽曲のニュアンスからして、〈化粧をしてないヴィジュアル系〉と言えなくもない椿屋四重奏。受け止め方はどうあれ、現在のシーンのなかで飛び抜けて個性的な連中であることは間違いないだろう(久保田)

AMY WINEHOUSE 『Frank』 Island

 話題になった“Take The Box”をはじめ、雰囲気モノの〈ジャジー〉ではなく、グリッティーな感性をストレートに伝える骨太な〈ジャズ〉感覚が光る。UKのおっさんDJたちが夢中になったのも頷ける隠れ名盤。パンチのある歌声に聴き惚れます。(高橋玲)

インタビュー