こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

HERBEST MOON 『SOMETHING WE REALIZED』 THA BLUE HERB RECORDINGS

 いまや全国区のポピュラリティーを獲得したTHA BLUE HERBのILL-BOSSTINOによる別ユニットがフル・アルバム(&ダブ盤)をリリース。ダンスフロアへの真っ直ぐな愛が詰まった、極上のディープ・ハウス作品フロム平岸。(ケチャ)

JAFROSAX 『JAFROSAX』 コナミ

〈ジャズとクラブ・ミュージックの融合〉なんていうキャッチコピーは、モノホンのサックス奏者=勝田一樹とモノホンのクリエイター=福富幸宏らが組んだ今作の前では効力を失う。本当の意味でのクロスオーヴァー・ミュージックが詰まった強烈な一発。(大石)

JANE BIRKIN 『Randez-vous』 EMI France

 マヌー・チャオにカエターノ・ヴェローゾにブライアン・フェリーに井上陽水に……。彼女以外にはこんな豪華な、というかユニーク極まりないデュエット・アルバムは作れなかった。えっ、単なる企画盤? それは聴けばわかるって!(佐々木)

JOSH TODD 『You Made Me』 X.S.

 〈新世代ハードロック・シーンの旗手〉の名を欲しいままにする、元バックチェリーの刺青美獣が前線復帰! かつてシーンを射抜いた〈オレ流〉シャウトの健在っぷりは、まさに〈ハードロックの新たな夜明け〉を予感させた。(加賀)

KANYE WEST 『The College Dropout』 Roc-A-Fella/Def Jam

 うなだれた大学中退の熊男が音楽界をガラリと変えてしまいました……グラミー賞最多10部門ノミネート! 2004年の顔、カニエ・ウェストの金字塔アルバム。膨大なプロデュース業にラップもこなす底が知れない男、まだまだ目が離せません。(池谷)

KEB' MO' 『Keep It Smile』 Okeh/Epic

 かの〈THE BLUES Movie Project〉に大きく関わったことや、今作を含む2作品をリリースするなど(どちらも絶大な支持を集めました)、充実した活動を展開したケブ・モの2004年。いつになく露出も増えて、ファンにとっては嬉しい1年でした。(秋山)

MONGOL800 『百々』 TISSUE FREAK/ハイウェーブ

 年間でもっとも注目を集めた邦楽タイトルのひとつ。記録的ヒットを飛ばした『MESSAGE』からおよそ2年、猛スピードで変化する音楽シーンに振り回されることなく、〈自分たちのペース〉で日々を見つめていた3人から届いたのは優しい〈歌〉の数々でした。(立野)

MUM 『Summer Make Good』 Fat Cat/PIAS

 アイスランドの大自然から滲み出した天然果汁をラムネのような炭酸ノイズに溶かし込んだ、フォークトロニカの現在を物語る甘くて切ない〈夏の思い出〉。2005年も〈北欧〉は確実に重要なキーワードになるでしょう。(冨田)

N.E.R.D. 『Fly Or Die』 Star Trak/Virgin

 2004年を代表するヘッド・バンガー“She Wants To Move”でさらなる刺激を与えたトップ・クリエイターズ。アルバムではトンガリ系クラブ・キッズの期待を見事に裏切るエッジの効いたサウンドがタップリで、新たなスタイルを提示してくれた。(Masso)

TALI 『Lyric On My Lip』 Full Cycle

 ドラムンベースと韓流の年として皆に記憶されている2004年、新作も放ったロニ・サイズ率いるフル・サイクルの完全バックアップで登場した女性MC、タリのデビュー・アルバム! フル・サイクル節の硬質なトラックをクールに捌くタリ嬢に萌え~! スター誕生!(石田靖)

THINK OF ONE 『Chuva Em Po』 Zonk

 日本列島にトランス・ヨーロッパ旋風が吹き荒れた2004年。常に話題の中心となっていたのが、ベルギーのこのオモロ楽団、シンク・オブ・ワンだ。ブラジル北東部の雑多なストリート音楽をも丸呑みする強靭な胃袋、アッパレなり。(佐々木)

インタビュー