こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その1)(4)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

渋さ知らズ 『渋星』 地底

 DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN、ROVO、Vincent AtmicusらJジャズ勢も良質なアルバムを次々にリリースした2004年。なかでも強烈な音圧と祝祭性を誇る彼ら久々のスタジオ・アルバムは、サン・ラー・アーケストラ軍団も従えた、吉祥寺発2004年宇宙の旅。(小高)

TOKONA-X 『トウカイXテイオー』 Def Jam Japan/ユニバーサル

 26歳という若さで先日逝ってしまった東海帝王の唯一残されたフル・アルバム。より広いリスナーの獲得をめざした音作りと、過去作では見せなかったTOKONA-X本来の姿がここにある。名古屋で培われた独特の感覚が時代と合致した名作だ。(稲村)

TWISTA 『Kamikaze』 Atlantic

 アンダーレイテッドな10年を過ごした早口野郎が頂点に立った傑作。カニエ・ウェスト、ジェイミー・フォックスを含めて関与した3人全員を一段階ランクアップさせた名曲“Slow Jamz”は早回しソウルの最高峰。R・ケリーとの“So Sexy”などシカゴ色の濃い側面も2004年らしいところ。(出嶌)

横山 健 『The Cost Of My Freedom』 PIZZA OF DEATH

 全国のキッズ(及び元キッズ)が待ち望んだ一枚! スピーディーに突っ走るメロディーの青さ、アコースティックの慈しむような鳴り。バンド・サウンドも超一流。俺たちがHi-STANDARDを忘れられないから、こんなにも揺るぎないものがある!(鬼頭)

ZERO 7 『When It Falls』 Ultimate Dilemma

 彼らの視線は的確にあらゆるシーンのど真ん中を射抜きつつも、必ず三歩先行くサウンドを創造する。そんな夢系雑食ポップ職人コンビは2004年、UKシーンをさらにアップグレードさせる先鋭的白昼夢作品で魅了してくれた。(冨田)

BILLY BRANCH & CARLOS JOHNSON 『Don't Mess With The Bluesman』 Pヴァイン

 現在のシカゴ・ブルース・シーンを担うハーピスト&ギタリストによる共演作。期待以上のそのリアル・シカゴ・サウンドに大満足したファンも多かったはず。カルロスは下半期に来日し、ソロ作も発表と、精力的な活動が目立ちました。(秋山)

EAMON 『I Don't Want You Back』 Jive

 ドゥーワップに影響を受けた歌唱法で、元恋人に向けて〈お前なんか戻ってくるな!〉とキツーい言葉を投げるギャップが妙に新鮮だったエイメンのデビュー作。懐かしさと現代的な感覚をクールにミックスした才能が強烈な個性を放っている。(佐藤)

FORCE OF NATURE 『II』 Libyus

 これを待っていた人は本当に多かった。国産ブレイクビーツ最重要ユニットのセカンド・アルバムは、DJ KENTの趣向性が色濃く反映された、これぞ新機軸というべき深みを漂わせる内容に仕上がった。所属レーベルであるLibyusも絶好調でした。(ケチャ)

FUNKSTORUNG 『Disconnected』 !K7

 オウテカと共に音響エレクトロニカの旗手的存在であったファンクストラングの新作は、これまで数多くのリミックスを手掛けた経験をもとに、シンガーやラッパーをフィーチャーしたエレクトロニカ・ポップへ! 今後この手のアクトが進むべき方向性を示唆した傑作。(石田靖)

インタビュー