こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BOUNCIN BACK(その1)(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2004年12月27日 11:00

更新: 2004年12月29日 12:28

ソース: 『bounce』 261号(2004/12/25)

文/青木 正之、秋山 尚子、粟野 竜二、池田 謙司、池田 貴洋、池谷 昌之、石田 英稔、石田 靖博、稲村 智行、大石 始、小野田 雄、加賀 龍一、北爪 啓之、鬼頭 隆生、久保 正樹、久保田 泰平、ケチャ、小高 麻子、駒井 憲嗣、佐々木 俊広、佐藤 ともえ、高橋 荒太郎、高橋 玲子、武山 英丈、立野 幸恵、出嶌 孝次、冨田 明宏、富山 陽一、西尾 大作、ビグフォン、堀内 幸江、Masso187um、ヤマダ ナオヒロ、山西 絵美

KEALI'I REICHEL 『Ke'alaokamaile』 Punahele

 年間を通じて静かなロングセラーとなったハワイアン・アルバムがコレ。夏川りみ“涙そうそう”のメロディーを下敷きにしたナンバーなどもあり、味わい深くて美しいケアリイの歌声が島音楽ファンたちの涙腺を刺激しまくった。(佐々木)

くるり 『アンテナ』 スピードスター

 音を繋ぐタメが演奏の表現力を格段に飛躍させた本作。楽器の鳴りや絡みは情感豊かになり、楽曲ごとのイメージを喚起する力は恐ろしいほど……。全体に横溢するアナログ感覚も原点回帰ではない。スタイルにこだわるのとはワケが違う、より音楽の核心へ向かった一枚。(鬼頭)

LARS BARTKUHN & HIS PASSION DANCE ORCHESTRA 『Dreamland』 Needs

 メロディーの美しさで定評のあるドイツのレーベル/プロダクション・チーム、ニーズの中核を担うラースのソロ作はジャズ~フュージョンの味わいを贅沢に採り入れた心洗われる音世界。リスニング向けのハウス・アルバムです。(堀内)

MORE ROCKERS 『Selection 3 -Tried And Tested』 More Rockers

 トレードマークの煙たさはそのままに、曲ごとに変化しながら暴れ回るベースとヴォーカル陣の奮闘で厚みを増したメロディーで、新しい音を模索。また、近年のドラムンベース高速化に呼応したところも見せ、そういう意味でも注目を集めた。(青木)

MOSKA 『Tudo Novo De Novo』 EMI Brasil/Musas

 斬新なアイデア勝負ではなく、なによりも歌そのものを前面に押し出したメロディーの良さという点で他の追随を許さなかったモスカ。ブラジル内外の実力派たちと作り上げたカラフルな音万華鏡ともいうべきポップ錬金術的一枚!(佐々木)

NORAH JONES 『Feels Like Home』 Blue Note

 グラミー8冠という快挙を成し遂げたデビュー作に続いて届けられた2作目は、やはりびっくりするほど自然体な仕上がり。しかし、〈ノラ以前/ノラ以降〉なんて言い方もしたくなるくらい、彼女はジャズ・ヴォーカルの流れを完全に変えてしまった。(小高)

降神 『望~月を亡くした王様』 Temple ATS

 2004年にもっとも注目されたアンダーグラウンド・ヒップホップ・アクト、降神。この2作目ではビーツ、リリック共に想像を超えた出来で、特に志人のフロウはその才能を疑いようがない。 今作に続いては幻のファースト・アルバムも一般流通されており、2005年も注目。(稲村)

SAVATH & SAVALAS 『Apropa't』 Warp

 プレフューズ73での必殺ヴォーカル・チョップにより、シーンのスターと化したスコット・ヘレンの別ユニットによるセカンド・アルバム。スペイン人女性、エヴァとのデュオが放つソフト・サイケ&サウダージな歌心は、優しく遠くへと浮遊する。(久保)

SEACHANGE 『Lay Of The Land』 Matador

 ヴェルヴェット・アンダーグラウンドから続くNY地下ロックの肌触りを持つハードエッジなバンドだが、驚きなのはこのクールでノイジーなサウンドがUKから登場したこと! 叙情を排した冷徹な感性が閉鎖ぎみのシーンを鋭く射抜いた。(北爪)

インタビュー