こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

BRUCE SPRINGSTEEN(4)

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2004年12月24日 17:00

更新: 2004年12月24日 18:10

ソース: 『bounce』 260号(2004/11/25)

ブルース・スプリングスティーンの確かな鼓動

   〈俺は僅かな神の慈悲を探していたが/生きた証を見つけた〉(“Living Proof”より)──92年に『Human Touch』『Lucky Town』の2枚同時リリースを敢行。後者は再婚相手パティ・スキャルファとの間に生まれた二人の子供に捧げられたアルバムだ。95年には『The Ghost Of Tom Joad』を発表し、現在のところの最新作である2002年の『The Rising』に至る。この作品には、前年に起きた〈9.11〉の影響が色濃く反映している。このあたりから、スプリングスティーンのいくつかの社会的活動参加ニュースが届くようになった。

 これを書いているのは11月9日。誰もが知っているとおり、大統領選挙は現職候補者が勝利した。それに対するスプリングスティーンの公式コメントを探してみたが見当たらなかった。ただ、公式HPには〈Vote For Change〉で演奏された“The Star-Spangled Banner”のスタジオ・ヴァ-ジョンがアップされている。果たして今回の一件は次作にどんな影響を及ぼすのか? ボスのことだからきっと……。

インタビュー