こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

2004年を代表する作品&登場アーティストの見逃せない過去作を〈Lean Back〉!(4)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年12月16日 16:00

更新: 2004年12月16日 17:45

ソース: 『bounce』 260号(2004/11/25)

文/轟 ひろみ

B.G.
『Life After Cash Money』
 Chopper City/Koch(2004)
右のジュヴィナイルとはキャッシュ・マネー時代の同僚だったニューオーリンズの王様=BGの独立後2作目。ズルンズルンにズルムケたラップのヤバさは相変わらず世界一でしょ。故ソウルジャ・スリムやイン・ヤン・トゥインズも参加した超パーティーでアッパーな世界に目眩。

JUVENILE
『The Greatest Hits』
 Cash Money/Universal(2004)
キャッシュ・マネーにスポット復帰した昨年末の『Juve The Great』から“Slow Motion”(故ソウルジャ・スリムをフィーチャー)がポップ・チャートで首位を獲得! そんな異常事態もあってこのたび登場したベスト盤には同曲の陰陽双子が参加したリミックスなども収録。定盤!

LIL' JON & THE EAST SIDE BOYZ
『King Of Crunk』
 BME/TVT/ビクター(2002)
オオオオゥケイィイィァ!!!!!!!!!!!! 何と2年前のアルバムなんですけど(このたび日本盤も登場!)。2004年のトップ・プロデューサー&トップ声出し担当は間違いなくヤツだ。この本が出る頃には超待望のニュー・アルバム『Crunk Juice』もリリースされてるはず……そちらは次号にて!!

TALIB KWELI
『The Beautiful Struggle』
 Rawkus/Geffen(2004)
盟友モス・デフとは真逆の方向性を押し進めたメインストリーム寄りのセカンド・アルバム。これまたメジャー化が著しい相棒のハイ・テックやカニエ・ウェストを迎え、メアリーJ・ブライジやリースの歌も印象的なドラマティック作品。キレのいいラップはもちろん健在!

OUTKAST
『Speakerboxxx/The Love Below』
 Arista(2003)
ここではアンドレ盤こと〈The Love Below〉について。プリンスを思わせる人外魔境的な箱庭ファンク、ジミ・ヘンドリックス的な荒ぶる創造性……といったフレイヴァーにヘンテコなヨーロッパ趣味とか人懐っこい歌を絡めたニートな音楽性は多方面でアーティスト魂を刺激したはず。

MOS DEF
『Black On Both Sides』
 Rawkus/MCA(1999)
ブラック・スターでNYストリートの救世主的な評価を受け、それに続いて絶賛を集めたのがこのソロ・デビュー・アルバム。ソウルフルな感触を軸に、彼なりのブラックネスを突き詰めたクリエイティヴな楽曲群は、決して新作とかけ離れたものではない。名曲“Ms. Fat Booty”を収録。

UTD
『Manifest Destiny』
 Illson Media(2004)
いきなり登場したモス・デフのヒストリー盤・その1。モス・デフと弟のDCQ、そしてセスの3人によるアーバン・サーモ・ダイナミックスことUTDがペイ・デイに残した音源をまとめたアルバムがいきなり登場! 90年代半ばのザラリとしたファットな空気感が懐かしくも新鮮だ。

MEDINA GREEN
『U Know The Flex Mix Tape Vol.1』
 Illson Media(2004)
いきなり登場したモス・デフのヒストリー盤・その2。UTD解体後にモス・デフが弟のDCQと結成したのがメディナ・グリーン。ミックステープ仕立てで登場した本作には、かつてロウカスからドロップした“Crosstown Beef”など90年代のNYアングラ曲が特盛りです。

WYCLEF JEAN
『Welcome To Haiti Creole 101』
 Sak Pase/Vik/BMG Canada(2004)
Jへの移籍を経て、自身のレーベルからリリースしたアルバム。毎度のごとくジェリー・ワンダーと共同プロデュースで、ハイチ人としての誇りとレフージーな逞しさがギラギラ輝くガンボ・ミュージック。ゲストも少なめに、彼の枯れ加減がよくわかる美味盤。

インタビュー