こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

2004年を代表する作品&登場アーティストの見逃せない過去作を〈Lean Back〉!(3)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年12月16日 16:00

更新: 2004年12月16日 17:45

ソース: 『bounce』 260号(2004/11/25)

文/轟 ひろみ

NAS
『God's Son』
 Ill Will/Columbia(2002)
なんとも挑発的なタイトルに、サンプリング回帰を著しくしたプロダクション(インクレディブル・ボンゴ・バンド“Apache”使い曲まで!)。ジェイ・Zと繰り広げたバトルの熱気も冷めやらぬなかリリースされた通算6作目。サラーム・レミのプロデューシングが久々に脚光を浴びた作品でもある。

NAS
『Stillmatic』
 Ill Will/Columbia(2001)
例の〈顔面アップ〉ジャケ・シリーズに終止符を打ち、『Illmatic』を思わせる表題で『Illmatic』の呪縛を断ち切った通算5作目。新たなクラシック“One Mic”を筆頭に“Ether”“Got Ur Self A...”などの名演を連発。仕切り直し感をアピールしてふたたびストリートのプロップスを得た一枚。

KANYE WEST
『Freshmen Adjustment 2』
 Chi Town Gettin' Down(2004)
2004年を代表するナード・スターとしてもはや説明不要のカニエ。今年2枚目となるこのストリート・アルバムは、コンシークエンスとのソウルズ・オブ・ミスチーフ曲カヴァーや、ジェイ・Zのリミックスなどそのスジでは話題となっていた曲をまたまた満載した必携作に。

2PAC
『Resurrection』
 Amaru/Interscope(2003)
毎年恒例となっている2パックの新作だが、昨年のドキュメント映画に合わせたこのサントラ兼用アルバムには、ついにエミネムが参画。イリーガル・レヴェルに端を発する50セントとの〈共演〉もここでオフィシャル化。今作以上にエミネムが関与するという新作のリリースももうすぐだ。

JA RULE
『Blood In My Eye』
 The Inc./Def Jam(2003)やたら評判の悪いディス・アルバム。50セントとの資質の違いなどを考えれば確かに似合わないことだった気もする。ただ、その名のとおりクラッピンな“Clap Back”やシズラとの疑似共演、激ギレのハード・ファンク路線などの新たな作風はジャの血走った魅力を見せてくれるものだ。

VARIOUS ARTISTS
『We Are Still The Streets』
 354(2004)
ジェイダキスのストリート・アルバムに続いては……またまた登場、D・ブロックのミックステープ・アルバム。ロックス『We Are The Streets』を思わせるタイトルで気合を感じさせるが、当然のようにロックスの面々が大活躍。J・フッドも含めたヨンカース・スタイルで熱く燃え盛ります。

LIL' FLIP
『U Gotta Feel Me!』
 Sucka Free/Columbia/ソニー(2004)
現在“Sunshine”が超ポップ・ヒットを記録中のリル・フリップ。同曲及びそれに先駆けた“Game Over”によって、すっかりメインストリームの顔に成り上がった感もある彼だが、そのH・タウンならではのユルさやドロ味が消されていないのには拍手。12月にはついに日本盤化!

PETEY PABLO
『Still Writing In My Diary : 2nd Entry』
 Jive(2004)デビューの時点では一発屋っぽかったノースキャロライナの雄=パブロも、ドデカい二発目が続いたなら文句はナイでしょ。その“Freak-A-Leek”はリル・ジョンによる今年を代表するクランク・アンセム。アルバムではガナリ芸だけじゃないパブロのブルージーな側面も味わえる。

JA RULE
『The Last Temptations』
 Murder Inc./Def Jam(2002)
休業を挟んだりしているが、実は毎年アルバムを出してるジャ。これは通算4作目で、ボビー・ブラウンと熱く絡む“Thug Lovin'”やトト使いの“Murder Reign”など気合十分に歌いまくるジャが最高。急造作っぽい作りだがこのインスタント感もまた良し。2パックも疑似参加。

インタビュー