こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

最強の新人が2005年のゲームを動かす――THE GAME

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年12月09日 12:00

更新: 2004年12月09日 17:23

ソース: 『bounce』 260号(2004/11/25)

文/狛犬

 先月号の特集でもお伝えしたように、ジョー・バドゥンらとのビーフなどを通じて、早くも話題騒然のゲーム(当然ミックステープ・レヴェルでは膨大な楽曲が出回っているのだが……)。かつて50セントがエミネムにフックアップされた前後の状況に非常に似通ったものを感じさせる過熱ぶりだといえるだろう。ただ、50同様、このゲームにも前科……じゃなくて前歴があった。ベイエリアの大御所ラッパー、JT・ザ・ビガ・フィガのレーベル=ゲット・ロウにてすでにレコーディングを経験していたのだ。

 コンプトン出身のゲームをJTが発見したのは2002年、LAで行われた〈ヒップホップ・サミット〉でのパフォーマンスにおいて。彼のラップを聴いたJTはその場で自身のスタジオへと誘い、JTのアルバムやレーベルの諸作品にフィーチャーすることとなった。その頃に録られた音源を集めたのが、このたび登場したアルバム『Untold Story』だ。


 その後50がゲームのラップに衝撃を受け、即座にドクター・ドレーと引き合わせたのは衆知の通り。Gユニット/アフターマスと契約したゲームはドレー渾身の“Westside Story”でメジャー・デビュー、“Higher”“How We Do”と、着々とプロモ・リリースを重ねている。その凄まじさを真に体感できるであろうアルバム『Nigga Witta Attitude』の登場は2005年初頭の予定だ。震えて待とう。

インタビュー