こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

SHOUT OUT TO KRUSH――ポール・ブラッドショウ

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2004年11月18日 14:00

更新: 2004年11月22日 12:48

ソース: 『bounce』 259号(2004/10/25)

文/ポール・ブラッドショウ

ポール・ブラッドショウ(「Straight No Chaser」編集発行人)

 東京のオリジナルBボーイは87年にKRUSH POSSEを結成し、MAJOR FORCEと共に日本におけるヒップホップの第一人者となった。振り返ると、90年代初頭に日本で行った〈Straight No Chaser -Freedom Principle Tour〉の際、街角でいわゆるチンピラ座りでタバコをくわえ、重そうな瞼の間から雑踏を眺めていた彼の姿を今でも鮮明に覚えている。初めて彼と会ったとき、日本のアーティストで西洋音楽業界において認知されていたのは坂本龍一とYMOだけだった。グローバルなクラブ・カルチャーのおかげでその意識は変わった。彼は常に国もジャンルも超えてみずからの存在を世界中に広め続けており、この素晴らしい〈発見の旅〉の道中においてこの新作『寂 -jaku-』が、また一つ心に残るポイントとなることは確かだろう。

インタビュー