こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

KRUSHの大躍進を用意した、80年代における日本のヒップホップ事情 BIRTH OF JAPANESE HIP HOP

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2004年11月18日 14:00

更新: 2004年11月22日 12:48

ソース: 『bounce』 259号(2004/10/25)

文/出嶌 孝次

 本当の始まりは知らない。が、「WILD STYLE」、ランDMCの来日、ビースティ・ボーイズの登場……という事象にシンクロして日本にも輸入されてきた〈ヒップホップ〉が、実際はそれぞれの場に応じた形に切り取られて輸入されていたことは理解しておくべきだろう。

六本木のディスコでは黒人音楽の一潮流として登場したラップ・ミュージックが親しまれていたし、DJ KRUSHが歩行者天国に姿を現わした84年頃には、Bボーイ(ブレイカー)を中心とした場は既にあったという。一方で、デフ・ジャム~リック・ルービン的な〈新しいパンク〉としてのヒップホップは、中西俊夫、TINNIE PUNX(藤原ヒロシ&高木完)、屋敷豪太といった面々によって〈最先端のクラブ〉で実践されていく。サブカル的な支持を得た彼らはメディア露出や作品リリースの点で先んじており、近田春夫主宰のBPMが設立されたのと同じ86年には、ヤン富田による名曲“東京ブロンクス”を含むいとうせいこうの怪作『建設的』が登場、88年にはMAJOR FORCEが設立されて翌年にECDを送り出している。

ディスコ文脈からも、dj hondaやDJ KOO(後にTRF)がいたDJユニット=THE JG'sが87年にデビューしているものの、KRUSHのいたB FRESH 3にそういう展開はなかったし、80年代末にまでその状況が続いた結果、KRUSH POSSEはわずか数曲の音源しか残せていない(一時はMAJOR FORCEとの契約話もあったという)。90年代に入るとスチャダラパー、CRAZY A、B FRESH、DJ DOC HOLIDAYらが次々とリリースを始めているが、よりポピュラーな事象がヒップホップの存在を磐石にするには、『KRUSH』のリリースと同じ94年まで待たねばならなかったのだ。

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介

インタビュー