こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

忘れちゃいけない重要盤たち~MORE EASTCORSTIN'(3)

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年11月11日 13:00

更新: 2004年11月11日 18:13

ソース: 『bounce』 259号(2004/10/25)

文/bounce編集部

VARIOUS ARTISTS
『Whatup2dahood』
 Thugged Out(2004) どうやらデフ・ジャムとモメた結果らしいカポーン& N.O.R.E.のミックステープ・アルバム。サグド・アウト軍団の陣容もおおよそ把握できる。これがまたド反則なまでの34トラックに渡るフリースタイルやリミックスなどやりたい放題。ちなみにN.O.R.E.はロッカフェラ入りした。(狛犬)

DEAD PREZ
『RBG』
 Boss Up/Columbia(2004) ミックステープ作品を挟んでのセカンド・アルバム。単にポリティカルなグループと見られがちだが、〈政治的〉というよりは革命を標榜する〈反体制的〉なスタンスのグループなので、サグなリリックもけっこう吐いているのがおもしろい。ジェイ・Zらとの意外な共闘も意外じゃないのだ。(狛犬)

CORMEGA
『Legal Hustle』
 Legal Hustle/Koch(2004) ナズとのビーフからずいぶん経ち、いまや一匹狼としてキャラを立ててきているコーメガ。今作は準メジャーのコッチ配給となって仕上がりは華やかになった。ヴァイブス・カーテルの登場にも大興奮だが、ラージ・プロフェッサーやAZらナズ周辺メンツとの再会にもビックリ。(狛犬)

INFAMOUS MOBB
『Blood Thicker Than Water Vol.1』
 IM3(2004)モブ・ディープのシンジケートに属する凶悪トリオが2年ぶりにリリースしたセカンド・アルバム。モブ・ディープ直系のダークなストリート感が漲った雰囲気ながら、そこにモブほどの緊張感はなくて、逆にそのへんが持ち味でもある。彼らの仲間だとビッグ・ノイドも聴き逃し厳禁!(狛犬)

THE MARXMEN
『Marxmen Cinema』
 Family First(2004)ロッカフェラに移籍したものの、そっち方面では何の音沙汰もないまま2年が経過(離脱の噂も)……てな状況でガマンできるワケないのがM.O.P.! これはマルクスメン名義で放ったハードコアな2枚組アルバムで、暑苦しい彼らの勢いが必要以上に健在なのにホッとさせられる。(狛犬)

DJ KAYSLAY
『The Streetsweeper Vol.2 : The Pain From The Game』
 Columbia(2004) 現在のNYを代表するDJ。ストリートに通じたミックステープを出し続け、さまざまなドラマを演出してきた彼だけに、ここにも旬といえるアーティストばかりが派閥を超えて豪華に参加。その人脈自体が彼の支持の高さと人気を証明している。(高橋)

X-ECUTIONERS
『Revolutions』
 Columbia(2004) 西海岸のターンテーブリストたちの活躍に押され、バトルの第一線からは退きつつあるものの、クルー名義の〈作品〉ではいっそうのクリエイティヴィティーを追求し続けているこだわりの職人たち。3作目となる本作も、彼らならではの職人芸とセンスに溢れ、〈聴かせる〉作りのアルバムだ。(高橋)

PITCH BLACK
『Pitch Black Law』
 Universal(2004) デビューから7年という長い時期を乗り越え、ついにアルバム・リリースに至った技巧派グループ。アルバムでもバスタ・ライムズやフォクシー・ブラウンを迎えてマスとコアの両方にアピールした力作。特にDJプレミアの手によるシングル曲“It's All Real”はすぐさま大きな話題を集めた。(高橋)

TONY TOUCH
『The Piecemaker 2』
 Koch(2004)プエルトリカンDJのトップ的存在にして、元祖パーティー・ロッカーのおよそ4年ぶりとなるリーダー・アルバム。華やかな歌モノなどを繰り出していた前作よりもちょいとシブめではあるけれど、ショーン・ポールを筆頭にメンツの豪華さや完成度はもちろん劣っていませんので。(狛犬)

インタビュー