こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

忘れちゃいけない重要盤たち~MORE EASTCORSTIN'

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年11月11日 13:00

更新: 2004年11月11日 18:13

ソース: 『bounce』 259号(2004/10/25)

文/bounce編集部

FABOLOUS
『Ghetto Fabolous』
 Desert Storm/Elektra(2001) DJクルーの強力な後ろ盾を得て華々しく登場したファボラスの初アルバム。近年の脱力系フロウを操るラッパーの代表格としても真っ先に名前が挙がる。誤解されがちだが、脱力=下手ということではない。二枚目顔だからといってアイドルっぽい先入観を持つのは危険。(高橋)

LL COOL J
『The Definition』
 Rock The Bells/Def Jam(2004)デビューから20周年! 前作『10』では色男なソフト路線の曲が目立ったが、今回はシンプルかつソリッドな最前線ビートでハードな面をアピール。もはや大御所なのにこの華と現場ノリの鋭さは何なんだ? 大ヒットした“Headsprung”はレスリング山本聖子も入場曲に使用。(出嶌)

FABOLOUS
『Street Dreams』
 Desert Storm/Elektra(2003) DJクルーとの関係性をあえて誇示せずとも確実にヒットを見込める人気と実力を兼ね備える存在になった出世作。アシャンティ、メアリーJ・ブライジ、リル・モーらとの共演も絵になるし、前作に比べてラップの存在感も格段にアップ。一気に人気も爆発した二枚目の2枚目。(高橋)

FABOLOUS
『More Street Dreams』
 Desert Storm/Elektra(2003) 『Street Dreams』の成功に気を良くして(?)短いスパンでリリースされたオフィシャル・ミックステープ・アルバム。既存オケをジャックした曲やリミックス、新曲がゴチャゴチャ入ったお得な仕上がり。デザート・ストームの後輩であるポール・ケインにも光を当てている。(狛犬)

JADAKISS
『Kiss Of Death』
 Ruff Ryders/Interscope(2004)2004年のNYを代表するのは、間違いなく今作! ネイト・ドッグやスヌープ、エミネムら各地のスターを豪勢に召集する一方で、ブットいNYサウンドに乗ってD・ブロックの仲間たちとストリート感たっぷりに絡む。鼻から抜けるようなフロウには風格すら漂ってやがるな!(出嶌)

BRAVEHEARTS
『Bravehearted』
 Ill Will/Columbia(2003)ナズのクルーから現れたデュオのファースト・アルバム。兄貴分のナズに比べれば軽薄なヴァイブが漂っているが、どんなビートにも物怖じしない貪欲さと予想以上の器用さで全国区型のビートにもしっかり対応。こういうイキのいい若手がNYの再盛期へ向けてシーンを整えてきたのだ。(狛犬)

FAT JOE
『Loyality』
 Terror Squad/Atlantic(2002)前作『Jealous Ones Still Envy』から“What's Luv”が大ヒットしてその存在を再認識させたファット・ジョー。この5作目ではテラー・スクワッドのメンバーも参加。重量級なのは身体だけでなくライムも同じで、今作もヒットの重圧に気負うことなく地に足をしっかりと着けた好盤だ。(高橋)

LLOYD BANKS
『The Hunger For More』
 G Unit/Interscope(2004)Gユニットから二番手としてソロ・デビューを果たしたロイド・バンクス。50セントの方法論を踏襲しながらも、描かれているリリック世界はロイド自身の世界を反映させたオリジナリティーのある内容。これによって、良い意味で50セントの影を払拭して存在をアピール。(高橋)

TRIPLE SEIS
『Only Time'll Tell』
 Madd(2003)テラー・スクワッドの低迷期、キューバン・リンクと共にファット・ジョーの元を去ったトリプル・セイス。いまごろ後悔してそうだけど……ここではキューバンや故ビッグ・パン、ビートナッツらプエルトリカン勢と共に手堅い音を聴かせている。今後テラー軍団にどう絡んでくるのか?(出嶌)

インタビュー