こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年10月21日 13:00

更新: 2004年10月21日 16:55

ソース: 『bounce』 258号(2004/9/25)

文/轟 ひろみ、佐藤 ともえ、出嶌 孝次、林 剛

JILL SCOTT 『Who Is Jill Scott? : Words And Sounds Vol.1』 Hidden Beach/Epic(2000)

  ルーツやコモンらとの共演でその名を印象付けていた彼女の鮮烈なデビュー作。ATOJの面々やジェイムズ・ポイザーらの的を射たサウンドもさることながら、万華鏡のように表情を変え瞬時に世界感を作り出すジルの表現力に否応なく魅了される。(佐藤)

JILL SCOTT 『Experience : Jill Scott 826+』 Hidden Beach/Epic(2001)

  スティーヴ・マッキーヴァーが〈ジルのライヴは凄すぎる〉と話していた、その様子を垣間見れる一枚。観客の乗せ方といい、巧みなアレンジの演奏に合わせて言葉と声を開放するような迷いのない歌唱といい……やはりこの人、CDだけでは計りきれません。(佐藤)

JEFF BRADSHAW 『Bone Deep』 Hidden Beach/Epic(2003)

  フレッド・ウェズリー以来のトロンボーン・ヒーロー!? フィリー作品中心に活躍してきた裏方の初リーダー作。フュージョン風からファンク、サンバまで楽曲の幅は広く、ジル・スコットやビラル、エンダンビらの参加もありつつ、本人の語り系歌唱も滋味深い。(轟)

ERIC ROBERSON 『The Vault Vol.1.5』 Pヴァイン(2004)

  ジル・スコットやミュージック、ドゥウェレなどの作品にも楽曲提供/客演していた彼のリーダー作。丁寧に歌いこむソフトな歌声が繊細なメロディーセンスに映えた曲の数々はどれも極上で、柔らかな手触りを残す。“Right Back To You”で悶絶必死。(佐藤)

KINDRED THE FAMILY 『SOUL Surrender To Love』 Hidden Beach/Epic(2003)

  ファティンとアジャの夫婦を軸にしたフィリー拠点グループの初作。当然制作陣やゲストも同地人脈ばかりだが、のっけから粘っこくウネるファンクのように身体の内側から溢れ出す黒い熱気に圧倒されっぱなし。聴くほどに奥深い重量級の一枚!(佐藤)

DONNY HATHAWAY 『These Songs For You, Live!』 Atlantic/Rhino(2004)

  没後25周年の節目に登場した未発表音源も含むライヴ編集盤。“Flying Easy”の軽快な幕開けにどこまでも連れていかれそうな気分。ローズの前に腰掛けたアーバンなパフォーマンスはネオ・ソウル時代にも受け継がれる定番のスタイルだ。(轟)

ERIC BENET 『True To Myself』 Elektra(1996)

  いまや〈ハル・ベリーの元夫〉や〈セックス中毒男〉として記憶されている? 兄妹デュオからソロに転じての初作は、超美メロの奥にファンクネスが潜む極上の一枚。NYのブレーンを中心にしたディアンジェロに対し、LAの才人たちが集った美しい結晶でもある。次はまだか!(轟)

D'ANGELO 『Voodoo』 Cheeba/Virgin(2000)

  DJプレミアと衝撃の合体を果たした“Devil's Pie”を前フリにした超傑作セカンド・アルバム。プリンス、スライ、ジミヘンなどの残像をドロドロのヴードゥー鍋で煮込んだような呪術的な妖しさで、骨と皮だけのファンクも甘い汁が太腿まで流れ出すスロウも凄絶。次はまだか!!(轟)

インタビュー