こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ネオ・ソウルはクロスオーヴァーする

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年10月21日 13:00

更新: 2004年10月21日 16:55

ソース: 『bounce』 258号(2004/9/25)

文/出嶌 孝次

 たとえば4ヒーローがいち早くジル・スコットに目を付けて共演したように、新世紀を跨いだあたりからクラブ・クリエイターたちのソウル・マナー向上が甚だしい。特にブロークン・ビーツのムーヴメントが生楽器の復権を促したUKでは、現地USとは違った成り行きから70年代のソウル風情を纏ったクロスオーヴァー作品が頻出しているといえる。まず、西ロン系でいえば、ヴァネッサ・フリーマンが挙げられる。

また、サラーム・レミも関与したエイミー・ワインハウスのスモーキーな味わいはネオ・ソウルを通過したジャズという雰囲気だ。一方、USのハウス勢が根源的なソウル回帰を繰り広げるなかでネオ・ソウルとの相似を得る例も少なくなく、ドニーやシークらを送り出したジャイアント・ステップの動きはその最たるものだ。てなわけで、R&Bファンも〈クラブ系〉とか言ってスルーするのはもったいないですよ。

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介

インタビュー