こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

バンド・サウンドの血肉となったパンクス大三角形

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年09月30日 14:00

更新: 2004年10月21日 16:56

ソース: 『bounce』 258号(2004/9/25)

文/山口 智男

 彼らがパンク・ロック以外の多彩な音楽から影響を受けていることは、彼らの曲を聴けば、いやでもわかるはずだ。それに彼ら自身も、U2、モリッシー、ニルヴァーナ、N.E.R.D.、ビースティ・ボーイズ、ジョニー・キャッシュ、ナイン・インチ・ネイルズ、ビートルズからの影響をことあるごとに公言している。しかしそんな彼らにとっても、スタートはやはりパンク・ロックだった。高校卒業時、母親からプレゼントしてもらったいわゆる卒業旅行で、ベイエリア・パンクの聖地ギルマン・ストリートに、わざわざパンク詣に出掛けているぐらいだ、西海岸パンクからの影響は音楽/精神面、その両方において計り知れないものがあったはず。そんな彼らが最初に衝撃を受けたパンク・バンドがランシドだった(そういえば、ランシドのプロモ・クリップにベンジーとジョエルがゲスト出演してたっけ)。そのほかのフェイヴァリットとして、グリーン・デイやMXPXの名前も挙げている。

インタビュー