こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年08月12日 19:00

更新: 2004年08月12日 20:25

ソース: 『bounce』 256号(2004/7/25)

文/bounce編集部

汲めど尽きぬレゲエの泉はまだまだ深い!! さぁ、どれから聴く?

MIGHTY JAM ROCK 『TO ALL OVER』 ビクター(2004)
3作続いた〈3 THE HARDWAY〉シリーズに区切りをつけ、新たなる一歩を進み出したMJRの最新作。ハードコア・チューンはよりハードコアに、温かいミディアムはより温かく……そんな深化が実に爽快(そう、まるでジャケットのように!!)。随所にキラー・チューンが配置されている構成の妙も彼らならでは。間違いなく最高傑作なので、絶対に聴いとくベシ。(尾波)

三木道三 『Lifetime Respect』 徳間ジャパン(2001)
現在の〈ブーム〉の中心に彼がいないのはなんだか不思議な気がする。日本レゲエ史上もっとも売れたアルバムとなった今作だが、いま改めて聴くと三木のあまりに実直で真摯で、そして素っ裸な姿勢に驚かされる。声の存在感、ストーリーの組み立てのうまさも素晴らしい。表題曲はもちろん、“肌の色”や“明日の風”といった名曲が詰まった傑作。俺らはアンタを待ってるよ。(大石)

NAHKI 『NAHKI & FRIENDS』 cutting edge(2004)
日本レゲエ界のもうひとりのオリジネイター、NAHKI。ここ最近は再度NYに活動拠点を移している彼だが、8月にリリースされるこの最新作はNY人脈と制作された通算10作目となるアニヴァーサリー作品。70年代から現在までのレゲエの歴史を紐解いていくようなその構成に、レゲエに対する彼ならではの視線が窺える。のびのびとしたNAHKIの歌唱も相変わらず爽快だ。(尾波)

PAPA B 『NEO ENTERTAINER』 LIFE STYLE/東芝EMI(2004)
待望久しかった2枚目のアルバム。アイアン・メイデンまでもネタ元にあるエンターテイメントは、紛れもなく彼がろ過したレゲエ・ミュージック。その音に身体ごとブツかるPAPA Bのスキルもさることながら、そのノドの回しっぷりにソウルが宿っていて、なんとも力強いアルバム。作りこみ感の薄さもまた、その素養の豊かさの証明。(一ノ木)

FIRE BALL 『Fist And Fire』 LIFE STYLE/東芝EMI(2004)
〈圧倒的に凄い!〉とだけ書いて終わりにしたくなるような傑作。四者四様の個性をこれまで以上に際立たせながら、むせ返るような現場感をめいっぱいプラス。加えてリリック面におけるストーリー性の豊かさは維持されながら、そこから逸脱するような遊び心まで凝縮されている。SAMI-TとGUAN CHAIによるトラックの進化も驚異的。ハデに吹き飛ばされる。(大石)

湘南乃風 『湘南乃風 ~Real Riders~』 トイズファクトリー(2003)
その堂々としたパフォーマンスを各地で披露して、気が付いたらシーンのド真ん中に腰を据えていた湘南乃風のファースト・アルバム。泣きのナンバーからシングル・カットもされた“Real Riders”などの幅広い楽曲がヒップホップのリスナーからも熱い支持を受けました。新作も到着間近なので、今後もシーンの〈顔〉として活躍してくれるハズ!(山西)

RYO the SKYWALKER 『RYO the SKYWALKER』 ワーナー(2001)
ダンスホールから朝本浩文のプロデュースによるジャングル曲“ふたりワンマン”までの広い振れ幅を見せ、ストリートの匂いも存分に塗り込めたデビュー作。ただ、今作が類い希なスキルを持ったDJにとって最初の一歩に過ぎなかったことを後に知らされることになるんだけど。ジャパニーズ・レゲエの新時代の幕開けを宣言した傑作だ。(大石)

ACKEE & SALTFISH 『Nah Tek Back』 アルファエンタープライズ(1996)
尾張名古屋出身の双子DJ。レーベル運営をはじめとした10年以上におよぶインディペンデントなその活動に共感を覚えるもの多数。海外の武者修行のなかで培った圧倒的表現力と構成力が発揮されたこの記念すべきデビュー作も紛れなく傑作。喜怒哀楽のすべてを詰め込んだアキソルの歌の数々。彼らの視点はいつもわれわれのそばにある。(YAHMAN)

CRYSTAL MOVEMENT 『THA DOPE PROJECT』 ISLAND/ユニバーサル(2004)
東京の地下で活動してきた面々が一同に集ったCRYSTAL MOVEMENTも、記念すべきこのメジャー・デビュー・アルバムで表舞台に殴りこみ! MACKA-CHIN、DELI、SUIKENなども迎えて、大都会のドープな世界を描いてます。太いベース音に乗っかる男臭い4人の兵士たち??心して聴かないと潰されちゃいますよ。(山西)

CORN HEAD 『WE AIN'T STOP』 ユニバーサルJ(2004)
横浜をベースに活動し……という書き出しはもう必要ないかもしれない。それほど彼の名は全国区になっているし、この最新作もそれ相応の仕上がりだ。恵まれた太いノドと一聴して彼とわかる独特の節回しを堪能できる今作には、MACCHOほか同郷の仲間たちも参加。ただ、しつこいけどこのノド。数多くの客演仕事と現場での鍛錬の成果がここにある。(大石)

B-NINJAH & AK-69 『DA REAL THING -from the street』 MS(2003)
レゲエとヒップホップが混じり合う場所、名古屋の現状報告書。プロデュースはM.O.S.A.D.のFixerで、周辺クルーの参加もその地域性を色濃く打ち出すことになっている。レゲエ的にはやはりネバリつくようなフロウを聴かせるB-NINJAHがたまらなくウィキッド。Kalassy Nikoff(=AK-69)、來々と絡むメロウな“From The Street”はその最高峰だ。(大石)

インタビュー