こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

定番から新作まで──ジャパニーズ・レゲエの傑作を一挙ご紹介

カテゴリ : フィーチャー

掲載: 2004年08月12日 19:00

更新: 2004年08月12日 20:25

ソース: 『bounce』 256号(2004/7/25)

文/一ノ木 裕之、尾波 桂、大石 始、山西 絵美、YAHMAN

ここ3か月の間にリリースされた新作

PUSHIM 『COLORS』 NeOSITE/キューン(2002)
PUSHIMの2作目にして、今もなおジャパレゲ界に燦然と輝く名盤中の名盤。タイトルどおり色彩豊かな楽曲がズラリと並び、女王PUSHIMの天才っぷりと懐の深さが遺憾なく発揮されています。なかでも“悲しくてやりきれない”は何度聴いても撃沈。UAとのコラボも必聴で、レゲエのみならずさまざまなサウンドを乗りこなすタフな彼女に、男らしさすら感じてしまいます。(山西)

RYO 『the SKYWALKER Still on Journey』 ワーナー(2002)
PUSHIMをフィーチャーした泣きの名曲“From Distance”を収録したセカンド。同曲は両者のライヴでもたびたび披露され、2人の絆を示す楽曲となった。また、デビュー時に比べると楽曲の振れ幅も広くなり、シーン随一のスキルを誇るRYOの魅力も存分に発揮されている。現場からの支持もダントツのRYO、その次の一歩に日本中のファンが期待してるぞ!(大石)

PUSHIM 『Say Greetings!』 NeOSITE/キューン(2001)
“Brand New Day”“Greetings!”“For Your Song”ほか、現在のライヴでも定番化している楽曲を多数収録したデビュー作。とにかくどの曲もメロディーが鮮やかなものばかりで、処女作にしてこの完成度、という感じだ。みずからの方向性を模索している部分が感じられなくもないが、それがかえって彼女のキャパシティーの広さを証明する形にもなっている。(大石)

PUSHIM 『PIECES』 NeOSITE/キューン(2003)
PUSHIMの〈陽〉の部分が全面的に表に出ている3作目。アッパーなサウンドに乗せて切ない片思いを痛いほどリアルに描いた“I WANNA KNOW YOU”、ワン・ラヴ精神を見事に継承した、昨夏のレゲエ・シーンを象徴する“FOREVER”などヒット・チューンが盛りだくさんで、レゲエの楽しみ方をPUSHIMみずからが紐解いてみせたようなゴキゲンな一枚。(山西)

VARIOUS ARTISTS 『MUSIC IS MYSTIC』 キューン(2001)
セカンド・アルバム『COLORS』に収録されたBOXER KIDとのコンビネーション曲をPUSHIM自身がワンウェイ・アルバム化。ワンウェイものはその時々の流行が中心で、その後なかなか顧みられることがないが、フラバのオケとDJ陣が健闘した今作は、いま聴き直してもまだまだイケる。DABOやRhymesterが顔を見せているのもトピックか。(一ノ木)

ランキン・タクシー 『スーパーランキンタクシー』  ワーナー
事あるごとに言わせてもらっているが、あらためて言う。言いたいことと言語表現ありきのスタンスにしろ、レゲエから広がる音楽的目配せにしろ、この懐の深さはいまだジャパニーズ・レゲエの指針である。氏を指して言う〈オリジネイター〉とは、最初に始めた人という意味とともに、誰でもないランキン・タクシーであるということだな。(一ノ木)

VARIOUS ARTISTS 『V.I.P HITS 1』 コロムビア(1993)
泣く子も踊るV.I.Pクルーの最初期音源にして日本レゲエの金字塔的作品。BOY-KEN、NANIWA MAN、CHAPPIE RANKS、PAPA UGがV.I.P CREW BANDの骨太サウンドに乗せ、衝動赴くまま歌いまくる。V.I.Pはこの後レゲエとヒップヒップの掛け橋となり、カルチャーを〈次の段階〉に引き上げた。もちろん現在でもストリート産の音を提供中。(YAHMAN)

インタビュー