こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

耳で聴いたピープル・トゥリー

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2004年07月08日 16:00

更新: 2004年07月08日 17:12

ソース: 『bounce』 255号(2004/6/25)

文/久保田 泰平、冨田 明宏、ロビ太

ザ・フーが与えた大きな影響は、ここに一本のトゥリーを生んだ

THE JAM
『In The City』
Polydor/1977
  モッズ? パンク? もしもザ・フーが77年にデビューしていたら、彼らと同じようなこと言われたでしょうか。さて、本作のタイトル・ナンバーは、フーの同名曲をフレーズ含めて知的にパクッたもの。79年発表のアルバム『Setting Sons』ではザ・フーに倣ってか、“Heat Wave”のカヴァーもしております。(久保田)

SCHOOL OF ROCK
『Soundtrack』
Atlantic/2003
  70'sロックへの愛情に満ちた「スクール・オブ・ロック」のサントラ。そのテーマ曲は、イントロから〈無法の世界〉を限りなく彷彿させまくり。曲を書いたのはムーニー・スズキのフロントマン、サミー・ジェイムズ・ジュニアで、もちろん彼は大のザ・フー・ファン。もちろんザ・フーの〈恋のピンチヒッター〉も収録!(ロビ太)

ザ・ブルーハーツ
『HIGH KICKS』
ワーナー/1991
  ピートのウィンドミル奏法をナマで観て号泣したのはヒロト。かつてヒロトはコーツ、マーシーはブレイカーズっていうモッズ・バンドをやってましたね。ちなみに、梶くんのロックンロール座右の銘は〈迷ったときはザ・フーを見ろ〉。本作収録“心の救急車”は河ちゃんの〈ザ・フー愛〉でいっぱいです。(久保田)

LIMPBIZKIT
『Results May Vary』
Flip/Interscope/2003
  ヘヴィー/ミクスチャー・ロックの重戦車、リンプビズキット。紆余曲折の果てにリリースされた本作では、ザ・フー“Behind Blue Eyes”をカヴァー。それも終盤、しみじみと歌い上げたりして。〈悪い男がどんなものかなんて誰も知らない〉。そう歌うフレッド・ダーストはピートから男意気をも受け継いだ。(ロビ太)

THE ROLLING STONES
『Their Satanic Majesties Request』
Abkco/1967
  本作発表前夜、〈夜をぶっとばせ〉とばかりにハシャギ過ぎ、檻のなかに放り込まれたミック・ジャガーほか2名のローリング・ストーンたち。そんなこんなでバンド存続が危ぶまれた彼らの音楽を誇るべく、ザ・フーは彼らの“The Last Time”“Under My Thumb”をカヴァーしてリリース……ということもありました。(久保田)

ザ・タイガース
『ヒューマン・ルネッサンス』
ユニバーサルJ/1968
  〈サージェント・ペパーズ〉発表から1年後に出された日本からの回答でもありますが、収録曲“730日目の朝”は、ザ・フー『Tommy』に先駆けること半年のロック・オペラ。なお、同時期にはコンサートで“My Generation”をカヴァーしてたり……そちらはコンピ『レア&モア・コレクション1~LIVEヒストリー編~』で。(久保田)

THE RASCALS
『The Very Best Of The Rascals』
Rhino
  新しいもの好きだったザ・フーは、ブルーアイド・ソウルを代表するバンド、ラスカルズの全米No.1ヒット(66年)でも知られるオリンピックスのカヴァー“Good Lovin'”を、ほぼ同時期に取り上げています。日本でもTVCMに使用されていましたね。実はこういうポップな曲のカヴァーはキースの趣味なのです!(冨田)

SHERYL CROW
『C'mon C'mon』
Interscope/2002
  ワイルドな美貌でロックの女王として君臨するシェリル・クロウも、ザ・フーには身体を、じゃなくて曲を捧げた。ザ・フーのトリビュート・アルバムに参加したシェリルは、メンバーのなかでは誰が好みだったのでしょうか。でもエリック・クラプトンと付き合うのなら、ピート・タウンゼントのほうが絶対いいって。(ロビ太)

インタビュー