こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

フリッパーズ・ギター回想録(その2)

カテゴリ : ピープルツリー

掲載: 2004年03月04日 11:00

更新: 2004年03月04日 16:07

ソース: 『bounce』 251号(2004/2/25)

文/曽我部 恵一

曽我部恵一

 楽器が上手じゃなくても、特別歌いたいことがなくても、誰も知らないようなレコードの一節をもってきたら曲ができちゃう……いっぱいレコードを持ってたら、フリッパーズみたいになれるのかな?って思ってましたよね。でも、みんなそうやって真似しても、結局、良いものなんてそんなになかった。やっぱりフリッパーズは本質的にかっこよかったんじゃないかな。あと、シニシズムの極致的なイメージがあるでしょ、フリッパーズって。サニーデイ・サービスは、そういうものとの闘いでもあったんだけど、冷めた感じじゃなくてホットな、ハートの部分で音楽をやりたいなっていうのは、フリッパーズがあったから意識的になったかな。格好もベルボトムにネル・シャツ、小汚くいこうって(笑)。(談)

曽我部恵一の最新アルバム『瞬間と永遠』(ユニバーサルJ)。4月にリリースされるフィッシュマンズのトリビュート・アルバムに参加決定! 新作はまだかな?

インタビュー