こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/大石 始、久保田 泰平、武山 英丈、出嶌 孝次、村尾 泰郎

まだまだお宝は眠っている!! 強力盤が次々に登場した2003年

MARVIN GAYE 『I Want You : Deluxe Edition』 Motown

  リオン・ウェアの再々評価という文脈も踏まえつつ、長年その全容解明が望まれてきた75年の超名盤が未発表テイク満載でリイシュー。あまりにもメロウな音世界と、マーヴィンの奥行きある歌世界がメイク・ラヴする、その挿入の瞬間までを収めた至高のエロ・ドキュメント!(出嶌)

LED ZEPPELIN 『How The West Was Won』 Atlantic

  〈リフ・ロックの復権〉どころか、本家・レッド・ツェッペリンによる未発表ライヴ・アルバムが登場。3枚組、それなりのプライスながらも大きなセールスを記録した。その理由は彼らの子供たちの活躍による、リスナーの循環が行われていたこと。選曲もカンペキだしね。(武山)

MINOR THREAT 『First Demo Tape』 Dischord

  2003年は彼らのカヴァー曲を随所で耳にし、盟友ブラッグ・フラッグ周辺の動きも熱かった。これは80'sハードコア・シーンがふたたび注目を集めているということか? 本作は伝説のバンドが産声をあげた瞬間の記録。2003年暮れには、ライヴDVDもリリースされた。悶絶。(武山)

NEIL YOUNG 『On The Beach』 Reprise

  行った人も行けなかった人も誰もが泣いた来日公演。その前哨戦として初CD化されたのがこの名作。私生活ではいろいろとヘコんでいた時期ではあるが、そのハートブレイクがロックンロールの無常観と相まって、異様ともいえる穏やかな地平に。泣き笑いの壮絶なミクスチャー。(村尾)

SERGE GAINSBOURG 『Aux Armes Et Catera(右)/Mauvaises Nouvelles Des Etoiles(左)』 Mercury/Universal

  スライ&ロビー、スティーヴン・スタンレーらと共に制作された79年作&81年作。硬質なレゲエ・トラックにデカダンをフラフラと乗せてみたルーディーなサウンドは、いま聴いてもヤバヤバ。こんな録音、あったんですね。(大石)

DEREK BAILEY 『The Music Improvisation Company』 ECM

  フリー・インプロヴィゼーション再評価!!の気運があるかどうかはさておき、トンがりまくったこの70年作のアヴァンギャルド盤が店頭にドドーン!!と並んでる図は壮観なものがありました。しかもかなりの反響があったっていうんだから、日本って凄い国。(大石)

幻野 『幻の野は出現したのか ~'71日本幻野祭 三里塚で祭れ』 FLYING PUBLISHERS

  〈70年代〉と〈日本のロック創世期〉を生々しく伝えるということでは、近年これ以上のリイシューはなかったのでは? 成田空港建設反対闘争のための〈祭〉をドキュメントした本作で聴く頭脳警察やDEWの演奏は、まさに凶器、そして狂気。(久保田)

インタビュー