こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/大石 始、久保田 泰平、武山 英丈、出嶌 孝次、村尾 泰郎

話題作や名企画盤がズラリと並んだ2003年のコンピ事情

2PAC 『More + Best Works On Death Row』 ビクター

  死後7年を経たというのに、さまざまな話題の中心になぜか2パックがいるという状況が顕在化した2003年。リミックス・アルバムに伝記映画のサントラ、2種類のベスト盤……と公式リリースだけでも山盛りでしたが、なかでも本作はもっとも入門編となりうる日本編集盤。(出嶌)

『Conception : An Interpretation Of Stevie Wonder's Songs』 Motown

  トリビュート企画もネタ切れ? いえ、御大スティーヴィーがまだでした! ミュージック、ジョー、マーク・アンソニー、スティーヴン・マーリー……と畏敬の念も露わに、歌の良さで曲の良さに呼応。クラプトンの〈やっちゃった〉感さえも微笑ましい。(出嶌)

『!K7 Records』 !K7


  90年代前半に勃興した多くのクラブ・ミュージック・レーベルがさまざまな節目を迎えたのもここ最近よくある動きですが、〈DJ Kicks〉シリーズで有名な在ベルリンの!K7もついに通算150タイトルのリリースに到達し、本作はその記念コンピ。アーシュラ・ラッカー、ハーバート、ティガら人気者目白押し!(出嶌)

『Space Lab Yellow 10th Anniversary』 Ibadan/Pヴァイン

  2002年末に10周年を迎えた東京・西麻布の老舗クラブ、YELLOW。本作はイバダンとYELLOWが共同リリースしていたアナログを厳選し、ジェローム・シデナムがミックスしたという豪華すぎる一枚です。ハウス・クラシックが次々打ち鳴らされる素晴らしい祝砲!!(出嶌)

『Sun Ra Dedication : The Myth Lives On』 Kindred Spirit

  サン・ラーの土星帰還から10年、キング・ブリットやリクルース、カーク・ディジョージオら超Aクラスのクラブ・クリエイターたちによるトリビュート集が登場した。ラー様のドラマーを務めたフランシスコ・モラによるスピリチュアルなインタールード群もよろしい。(出嶌)

『Wild Dub-Dread Meets Punk Rocker』 Select Cuts

  80年代初頭、なんでもありのUKニューウェイヴがダブという使えるオモチャを手に入れた瞬間をドキュメントしたコンピ。クラッシュ、PIL、スリッツらによるロックを突然変異させるための実験とパーティーは、イマのシーンにワープするアイデアとスリルが満載。(村尾)

『Mutant Disco』 ZE

  ロックンロールの次はニューウェイヴ、というわけで80年代初頭のアンダーグラウンド・シーンが再評価された2003年。なかでもパリとNYを結ぶ重要レーベル、ZEが再起動し、かつての音源をコンパイル。キッド・クレオール、ウォズ(ノット・ウォズ)をはじめとしたアヴァンギャルドなミュータントが勢揃い。(村尾)

『Feedback To The Future』 Mobil


  〈シューゲイザー〉とは、過剰なまでの愛情に支えられている過去のムーヴメントかと思っていたが、それは大間違い。エレクトロニカ勢の新解釈作品が多発した2003年には、ついにこんなコンピもリリースされました。実体の掴めないカテゴリーだけに、アプローチは多岐に渡っている。(武山)

『Rock A Shacka Vol.3 - MOVE! BABY MOVE!』 ISLAND/ユニバーサルJ

  激レアなスカ、ロックステディ、カリプソ、メントをまとめた〈Rock A Shacka〉シリーズ。森雅樹(EGO-WRAPPIN')のセレクトによる今作は江利チエミまで収録した反則技ではあるものの、楽しさは抜群。カリプソ・ブームの火点け役的シリーズですな。(大石)

『琉球レアグルーヴ ~Shimauta Pops In 60's - 70's~』 amaranth/ポリスター

  70年代の沖縄にこっそりと残されていた、ユルくてモンドな楽曲の数々をまとめて収録しちゃった秘宝館的一枚。ちょっと笑っちゃうようなエキゾ具合がなんともいえないものはありますが、これもまた2003年という年にはジャスト。(大石)

『Def Jamaica』 Def Jamaica/Def Jam

  アーティスト名を挙げていくとキリがないのでここでは挙げませんが、ダンスホール勢とヒップホップ勢がかなりのガチンコ勝負を聴かせた贅沢な一枚。世のダンスホール人気の流れも受け止めつつ、それを〈ウチにしかできんだろ!!〉ってな勢いで音盤化。シリーズ化を切に願います。(大石)

『BIG SHOT~Japanese Ska & Rock Steady Band Convension~』 ビクター

  東京スカパラダイスオーケストラやROCKING TIMEといった重鎮のほか、The Miceteethら若手もまとめて収録したオーセンティック・スカ軍勢揃いコンピ。ポップ&キャッチーなシーン最前線をドキュメントした重要盤です。(大石)

『FLAVOR IN THE AIR』 bounce

  80年代当時に〈シティー・ポップス〉と呼ばれていたサウンドは、決して〈時代の産物〉ではなく、洗練を極めたポップスの〈形〉である。であるからして、ここにある音は、リヴァイヴァルでもなんでもない。RUIの大ヒット“月のしずく”を生んだ松本良喜のほか、隠れたポップ才人たち満載。(久保田)

『大阪ソウルバラード』 ビクター

  強引気味かつオリジナルなカテゴライズやネーミング一発でそそられるコンピが結構出回ったなか、2003年はやっぱりこれ! “悲しい色やね”“大阪で生まれた女”など、ディープな〈大阪〉をてんこ盛り。続編は? 2004年にあるかどうかはわからんなあ……タイガースもしかりやけど。(久保田)

『NATURAL VIBES』 ソニー

  生音を主体にしたオーガニックなヒップホップ、R&B、レゲエなどの心地良い名曲を集めた好企画盤。Loop Junktion & Keyco、WISE、Mika Arisaka、タカツキ、カルカヤマコトらが集い、ジャズもボッサもソウルもブルースもひとつのヴァイブで包み込む。こういうのを〈珠玉の名曲集〉と呼びたい。(出嶌)

『One Nation : Japanese Arti-sts Remixed & Produced by Incognito』 ポニーキャニオン

  インコグニートのブルーイがJ-Pop曲の数々をフロアライクにリミックス……と聞くと企画モノ感も強いですが、これはこの種の盤では群を抜く心地良さ! m-floにPUSHIMにオリジナル・ラヴに唐沢美帆に……まるで初夏のサントラでした。(出嶌)

インタビュー