こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/郡島 剛

 ルーツ・ミュージックにとっての2003年とは、若手からヴェテランまでリリース・ラッシュの1年であったといえる。ブルースではロバート・ランドルフをはじめとする若手勢が大活躍したほか、忘れてはならないのがアコースティック・スウィング・ブームのなか初来日を果たしたアサイラム・ストリート・スパンカーズの存在。一方カントリーでは、3年ぶりの新作を発表したエミルー・ハリスをはじめ、女性ポップ・カントリー・シンガーたちが大逆襲!! そのほか紹介しきれない作品が山ほどあり、ルーツ・ファンにとっては満足のいく1年だったのでは?(郡島)

ASYLUM STREET SPANKERS 『Sideshow』 Spanks A-Lot

  2003年についに来日を果たして素晴らしいステージを披露してくれたテキサスの破天荒集団、アサイラム・ストリート・スパンカーズ。オールド・ジャズからブルース、カントリー、ハワイアンまでなんでもありのジュークボックス。今作はオリジナルの日本編集盤。

B.B.KING 『Reflections』 MCA

  BB・キングが送る最新作は、彼が愛して止まないリズム&ブルースやポップ・スタンダードのカヴァー集。裏ジャケットに写る彼の手に刻まれたシワは長い音楽人生の証であり、同時に強い自信を物語っている。BB特有の歌い口を堪能できる今作、もうなにも言うことはないです。

MARTINA McBRIDE 『Martina』 RCA

  現在のポップ・カントリー・シーンを代表するアーティストのひとりであるマルティナ・マクブライド。ロング・セールス中の本作は4年ぶりとなるスタジオ録音作で、ハイ・クォリティーな楽曲と力強いヴォーカルが魅力の一枚だ。フェイス・ヒルとも並ぶ美貌にも注目!

ROBERT RANDOLPH & THE FAMILY BAND 『Unclassified』 Warner Bros.

  デビュー作となったライヴ盤が高い評価を受け、大絶賛されてから約1年。彼の痛快なグルーヴが帰ってきた。本作はランドルフ率いるファミリー・バンド初のスタジオ盤。ゴスペル出身の彼独特のエモーショナルなペダル・スティール・サウンドが圧巻。

EMMYLOU HARRIS 『Stumble Into Grace』 Nonesuch

  前作同様にマルコム・バーンをプロデュースに迎え、スパイ・ボーイがバックを務めるエミルー・ハリスの2003年度盤。盟友リンダ・ロンシュタットをはじめ、ジュリー・ミラー、ギリアン・ウェルチが参加。開放的なサウンドと包容力溢れる歌声に浸ることができる。

インタビュー