こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/桑原 シロー

 いろんな形をした窓が並んでいる。シーンはこんな感じでした、と象徴的な風景を取り出してみることが例年になく困難な2003年であるが、とりあえず、Double Famousやらmama!milkやらRAMやら色とりどりの窓が揃ったという意味でもおもしろい1年だったと、振り返って思う。ここには測量士的な顔をした音楽家はいない。〈傾向? いったいなにそれ〉と笑い飛ばしそうな人ばかりで、みんな自分なりの歩調で力強くわが音楽を作っている。その結果として生まれた一風変わった音風景。どこか〈ちぎれた〉風情を醸し出す彼らの音楽は、シーンという名の海にひとつひとつの島のように 浮かんでいる。(桑原)

GOMA 『Jungle Champlu』 Jungle

  ディジュリドゥを持ってバリ島のジャングルでかくれんぼレコーディングを敢行した一枚。いま自分がどこにいるのか分からなくなってしまった迷い子状態がアルバム制作に反映され、こんな蜘蛛の巣のような模様が出来上がったのではないかと想像しながら聴いていた。

RAM 『HOME FAMILY LOVE』 chordiary

  長男・鈴木惣一朗を囲み、青柳拓次、伊藤ゴロー、高田漣の義兄弟たちが楽器を手に、家庭、家族、そして愛について語り合うほほえましき団欒の風景。各自ニュートラルに向き合うことで、自然と日本的ワビサビを感じさせるサウンドが生まれたというおもしろさ。

saigenji 『la puerta』 Happiness

  ポップスとは何ぞや?という思念を抱えながら転がり続けた彼による最新の解答用紙。メロディーの染色技術も向上、前作であるファースト・アルバムとは異なった景色を浮かび上がらせることに成功した。表題曲のスケール感の大きさが今後の行方を示唆しているようにも思う。

Double Famous 『Live In Japan』 スピードスター

  ライヴとスタジオの録音をミックスし、トータル感ある音場をクリエイト。彼らのサウンドはどんな場所で鳴らされてもまったく彼らのサウンドのまんま、というとても大事なことをアピールした。歌姫3人によるヴォーカル曲がメチャかっこよすぎ。

mama!milk 『Gala de Caras』 RAFT

  2種のコラボレート・アルバムを経て発表された待望のサード・アルバム。まるで夜汽車の中で産み落とされたポエムのごとき顔をした音楽。次から次へと風景が流れていく感覚にふっと入り込んでくる静寂が愛おしい。この酸味タップリのミルクは未成年にはかなり毒。

インタビュー