こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/村尾 泰郎

 ここ最近叫ばれ続けてきた〈ロックンロール・リヴァイヴァル〉。そのアイコン的存在、ホワイト・ストライプスとストロークスが揃って新作を出した2003年は〈リヴァイヴァル〉を〈クラシック〉に変えた、まさに新世紀ロック元年! そんななか、ニューウェイヴ/ノーウェイヴの本格的な見直しが始まり、ライアーズ、ラプチャー、ヤー・ヤー・ヤーズ、ワールウィンド・ヒートなど、アンダーグラウンドの遺伝子を受け継いだロックンロール・ミュータントたちが続々登場。ムーヴメントの中心となったNYのロック・シーンは久しぶりの活況を見せた。(村尾)

THE WHITE STRIPES 『Elephant』 V2

  まさに全世界が注目するなかでリリースされた、全世界納得の最新作。UKガレージ・ロックの聖地、トゥ・ラグ・スタジオで録音された本作は、デトロイト魂はそのままに、ロックンロールを羽交い締め。バート・バカラックのカヴァーもムード歌謡のような濡れ具合がたまんないです。

LIARS 『They Threw Us All In A Trench And Stuck A Monument On Top』 Blast First/Mute

  ESGの“UFO”をサンプリングすることで、ノーウェイヴから連なるNYアヴァンギャルドの血をたぎらせたライアーズ。腰よりも脳にくるファンク・ビートとディストーション・ギターが、もつれ合いながら強襲! 

WHIRLWIND HEAT 『Do Rabbits Wonder?』 Third Man/V2

  ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトやデイヴ・フリッドマンらがバックアップした本作。ギターレスな変拍子サウンドは、ガレージ・ロックからノーウェイヴまでを撃ち抜く狂気のビート。初来日で見せた狂熱のパフォーマンスも忘れられない。

THE RAPTURE 『Echoes』 Mercury

  ノーウェイヴ/ニューウェイヴ・リヴァイヴァルを集約したようなこの一枚。ポスト・パンクの方法論を下敷きに、ダンス・ミュージックのエッセンスをノイジーなギター・サウンドに文字バケさせる力技は、最強のプロデューサー・チーム、DFAとの共闘の賜物。いきなりの〈サマソニ〉参加も話題に。

THE STROKES 『Room On Fire』 RCA

  ここ数年で息を吹き返してきたNYロッカーズ。その勝利宣言といえるのがストロークスが放ったこの最新作。自分たちのスタイルを深化させた本作は、ひんやりしたギター・サウンドとトランシーなリズムが生み出す艶めかしいロックンロール。それは裸になったストロークスの喘ぎ声。

インタビュー