こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/北爪 啓之

 大規模なスタジオ・ワークがワンルームの自宅でも実践可能になったいま、やはり訪れたのがエレクトロニカ・シーンにおける飽和状態。良作でもってそこからはみ出すことができたのは、やはり多くの実験を繰り返してきたヴェテラン勢だったのではなかろうか? オウテカの余裕、ポールによるダブ・エレクトロニカの進化、プレフューズ73の方向性など、興味深い挑戦の年でもあった。2002年に発生したインディートロニカの流れから顕著だったシューゲイザーとの邂逅、マトモスがルーツ・ミュージックを大胆に採り入れるなど、若干姿を変えたエレクトロニカが幅広く認知された2003年でした。(久保)

A.R.E. WEAPONS 『A.R.E Weapons』 Rough Trade

  ランボーかコマンドー(嗚呼、80's!)のごとく、〈スーサイド・マーク〉の銃弾をギッシリと詰め込んだ爆音ダンス・ビートの一斉掃射で、メジャー・シーンに大きな風穴を開けた彼ら。その後、その穴を伝ってNY地下世界の住人たちが続々と登場することになる。

THE PEACHES 『Fatherfucker』 Kitty-Yo/XL


  〈2003年度ハレンチ・オブ・ジ・イヤー〉を授けたい、刺激的な個性と体臭放ちまくりのカナダ産珍獣ヒゲ娘。スーパー・チープな反復ビートに乗せて、救いようがないほどオゲレツな野蛮エロ・ソングを大絶唱!! 現在、セレブ的な扱いを受けているのは、なんでだろう?

CHICKS ON SPEED 『99 Cents』 Chicks On Speed

  〈流行〉とか〈センス〉とかいう言葉を超越した、お手製コスチュームに身を包んだ近所のオバハン3人組──といった感じのルックスからして強烈すぎる、ミュンヘン発の〈エレ・トラッシュ・パンク〉。開き直ったかのようなヘタウマ感覚がビリビリにカッコイイ!

インタビュー