こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/粟野 竜二、加賀 龍一、渡辺 貴仁

〈9.11〉の重圧から解放され、新たな可能性へのチャレンジが始まった2003年。フレッシュな価値観を持つポップ・パンク・バンドの出現をはじめ、メジャーへと羽ばたいたエモ/スクリーモやインディー勢の地力、新しいスタイルを持ったシンガー・ソングライターの躍進という動きもありつつ、ハード・ロックの新解釈や安定政権だったヘヴィー・ロックにもさらなる進化が見られた。また巨大なインパクトを残したメタリカを筆頭に、ヴェテランもシーンを掻き回し続けている。〈超新星〉か? それとも〈巨星〉か? 世代闘争はもうすでに始まっている?(加賀)

GOOD CHARLOTTE 『Young And Hopeless』 Epic

  2003年を大盛況のままで終了し、パンク・シーンのど真ん中に居座り続けた、まさにヤングなホープ。セカンド・アルバムとなる今作では若さと青さを武器に、耳にこびり付くポップ・パンク・チューンをバシバシ量産! いわばコレは、パンク版〈オレたちの時代〉宣言だ!!(加賀)

THE USED 『The Used』 Reprise

  パンク・ロックを基盤にしたカオティックかつドラマティックな新種のへヴィーネスを武器に、安定期に差し掛かったラウド・ロック・シーンに殴り込みをかけたユタ出身の4人組。〈スクリーム+エモ=スクリーモ〉というフォーマットを一躍メインストリームへ押し上げた張本人。(渡辺)

YO LA TENGO 『Summer Sun』 Matador

  ご存知USインディー・シーンのスペイシー・ポップ現人神。10作目のニュー・アルバムに〈フジロック〉出演と大忙しのなか、毎度のごとくユルくてドリーミーなヨラテン小宇宙で日本全土を布教。おかげで2003年は脳ミソがふやふやにふやけっぱなしだYO!(加賀)

LINKIN PARK 『Meteora』 Warner Bros.

  全世界で1,500万枚以上のセールスを記録したデビュー・アルバムから約2年半ぶりとなるセカンド・アルバム。へヴィーなサウンドの中に、胸を打つメロディーと溢れる唄心が同居する〈リンキン節〉はさらなる高みへと登りつめ、それは神懸かり的ですらある。もはや敵ナシ!(渡辺)

THE ATARIS 『So Long, Astoria』 Columbia

  ヴァンダルズ主宰のレーベル、カンフーから3枚のアルバムを発表後、本作でメジャーに進出。グリーン・デイやジミー・イート・ワールドといったバンドに匹敵するグッド・メロディーと躍動感溢れるサウンドで一気にブレイク! 〈叩き上げバンド〉の底力を見せつけた。(粟野)

METALLICA 『St. Anger』 ソニー

  鈍器で頭を殴られるような衝撃! デビュー20周年を迎えてなお、現役でヘヴィー・ミュージック・シーンの頂点に君臨するバンドの底力を見せつけたニュー・アルバム。疾走感とヘヴィーネスを兼ね備えた、〈メタリカン・ロック〉の集大成ともいえる内容。やはり別格!(粟野)

EVANESCENCE 『Fallen』 Wind-Up

  ビョーク meets リンキン・パーク!? 映画「デアデビル」のサントラにも収録された、クールなラップ・ヴォーカルをフィーチャーした“Bring Me To Life”は全米ラジオ局を中心に大ブレイク! 男性上位のラウド・ロック・シーンで、女性ヴォーカル・バンドが一大旋風を巻き起こした!(渡辺)

JACK JOHNSON 『On And On』 Moon Conspiracy/Universal

  現代最高のマルチ・アーティストとは、サーファー、映像作家、ミュージシャンと、数々のイケてる肩書きを持つジャック・ジョンソンのこと。オーガニックで等身大のアコースティック・サウンドはまさに癒しの境地。シンプル・イズ・ベストな楽園盤。(渡辺)

THE LOCUST 『Plague Soundscapes』 Anti-/Epitaph

  〈この変態!〉と思わず叱り飛ばしてあげたくなるようなサンディエゴのイナゴ軍団。エピタフ傘下のレーベル、アンタイからのリリースとはいえ、曲が速くて短くてうるさくてメチャクチャで愛らしい、変形ニューウェイヴ激速電気ノイズは変わらず。大好きです。(粟野)

THE MARS VOLTA 『De-Loused In The Comatorium』 Universal

  元アット・ザ・ドライヴ・インのアフロ組2人を中心に、プロデューサーであるリック・ルービン、正式メンバーとして参加したフリーらが総力を結集して作り上げた一大音楽絵巻。誰も聴いたことのなかったロックがここに。2003年のプログレ。(粟野)

インタビュー