こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/久保 正樹

 大規模なスタジオ・ワークがワンルームの自宅でも実践可能になったいま、やはり訪れたのがエレクトロニカ・シーンにおける飽和状態。良作でもってそこからはみ出すことができたのは、やはり多くの実験を繰り返してきたヴェテラン勢だったのではなかろうか? オウテカの余裕、ポールによるダブ・エレクトロニカの進化、プレフューズ73の方向性など、興味深い挑戦の年でもあった。2002年に発生したインディートロニカの流れから顕著だったシューゲイザーとの邂逅、マトモスがルーツ・ミュージックを大胆に採り入れるなど、若干姿を変えたエレクトロニカが幅広く認知された2003年でした。(久保)

AUTECHRE 『Draft 7.30』 Warp

  音の強度とその態度、すべてに注がれる羨望の眼差し。破壊度数マキシマムな先行シングル“Gantz Graf”に続いて届けられた次の一手は、かつてなくフロアライク(?)な探究者なりのサウンドの解放。しかしそこにあるのは、テクノロジーよりも賢く正確に駆け抜ける音のスマートさのみ。

PREFUSE 73 『One World Extinguisher』 Warp

  衝撃的だったヴォーカル・チョップのテクスチャーは冒頭だけに封印し、みずから更新したヒップホップの方法論をさらにネクストへ導かんとするバルセロナ在住のアメリカ青年、スコット・ヘレンによる2作目。直感的エディットをポップに吐き出す、高い身体能力は眩いばかり。

ULRICH SCHNAUSS 『A Strangely Isolated Place』 City Centre Offices/Morr/Third Ear

  シュ-ゲイザ-たちの甘い夢。ウルリッヒ・シュナウスが受け継いだそのメランコリアは電子の波の大海原へと船出。エレクトロニカ・シーンに押し寄せる、90's初頭のギター・エクスタシーの潮流はゆるやかにここで合流した。

MATOMOS 『The Civil War』 Matador

  オペの舞台を手術台からアメリカの原風景へ。ビョークも認めた猟奇的エレクトロニカから、いざ、ディスカヴァリー・アメリカ! 中世イングランドの厳かな装飾に彩られたアメリカン・ゴシック。USのロック・レーベルからのリリースとなった、まったく新しい電子音楽の冒険。

POLE 『Pole』 Mute

  ベーシック・チャンネル直系のミニマル・ダブ・エレクトロニカ3部作を経て、ミュートよりリリースされたポールことステファン・ベトケのニュー・アルバムは驚きのヒップホップ・アルバム。明確な輪郭を備えたサウンドからファット・ジョンのMCまで、そのしなやかな進化は〈フジロック〉でも証明済み。

インタビュー