こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/土屋 恵介、久保田 泰平

175R 『Songs』 東芝EMI

  いわゆる〈青春パンク〉と呼ばれていたものがメジャー・シーンのド真ん中になっていった2003年。いくつかのバンドがインディーからメジャーへとステップアップしていったけど、なかでもグッと歩幅を広げたのが彼ら。もちろん、その音楽性も〈枠〉を飛び越えた……じゃなきゃ、これほどまでには。(久保田)

the band apart 『K. AND HIS BIKE』 UNLIMITED

  続々登場するパンク系バンド数いれど、これほどの知性とオリジナリティーを誇るバンドは、そうざらにはいないでしょう。エモ、ボサノヴァ、ディスコ……さまざまな要素が絶妙に絡み合う奇跡的なサウンドは、今後も確実にロックを前進させていくこと間違いなし!(土屋)

レミオロメン 『朝顔』 浮雲/スピードスター

  秋空のもと、見事咲き誇った珠玉のポップ・フラワー。日本人のほとんどの子供が、生まれて初めて栽培した花として記憶するあの花のように、彼らの歌もまた長く記憶に残るであろう〈スタンダード感〉がまこと強し。さて、2004年はさらに大きく咲き乱れるか?(久保田)

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君繋ファイブエム』 キューン

  本作の大ヒットによって、いわゆる〈ギター・ロック〉と呼ばれる昨今のバンド群の〈ボスキャラ〉として君臨したであろうアジカン。純な姿勢で音楽と向き合うその姿を見る限り、まだまだ支持を高めていきそうな気配が。2004年も彼らを中心に回る?(久保田)

サンボマスター 『新しき日本語ロックの道と光』 GOLDEN BALL/ソニー

  2004年のシーンを占ううえで、キモとなるキーワードは〈言葉〉、さらに言えば〈言霊〉。サンボマスターが放つそれは〈超〉が付くほどのメジャー級。さらにそれが、独特のグルーヴ感を醸し出すサウンドと混ざり合ったときに生まれる妙な説得力たるや!(久保田)

インタビュー