こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/内田 暁男、小野田 雄、久保田 泰平、駒井 憲嗣、土屋 恵介

〈青春モノ〉も含めたパンク系は、確実に〈流行〉で語られなくなり、基礎体力と知能指数の高いバンドのみが予想どおり活躍。そんななか、いわゆる〈ギター・ロック〉と称されるバンドたちが台頭。ASIAN KUNG-FU GENERATIONをはじめ、レミオロメン、サンボマスターなどといったバンドが、球界における〈松坂世代〉のごとき活躍をみせた。また、それらのバンドよりひと足先にデビューしていたART-SCHOOLやTHE BACK HORNなどが負けじと高水準の作品を発表して支持を拡大。キャリア組では、ゆらゆら帝国やミッシェル・ガン・エレファントが圧倒的な作品を発表し、格の違いを見せつけるなど、全体的には近年稀にみる豊作だったのではないだろうか。(久保田)

ナンバーガール 『サッポロOMOIDE IN MY HEAD状態』 東芝EMI

  解散後の動向にも熱い注目が集められているナンバーガール。本作は、2002年11月29日、札幌でのラスト・ステージを収めたライヴ盤。並のバンドをまったく寄せつけないパワーに溢れる、彼らの突き抜けたテンションを思い知るには重要かつ必須の一枚。(土屋)

ゆらゆら帝国 『ゆらゆら帝国のしびれ(右)/ゆらゆら帝国のめまい(左)』 ミディ

  〈しびれ〉と〈めまい〉という対照的なサウンド・プロダクトの作品を同時にリリースしたゆら帝。密閉空間とロウ・パワーが、聴いていくうちにサイケデリックな感覚を誘発させる強力2本立て。あとからリリースされたライヴ盤も圧倒的な音圧でした。(土屋)

スクービードゥー 『BREAK ROCK』 スピードスター

  ダブルD&スタインスキーじゃないけれど、これを聴いて始めよう、ファンキー指南1・2・3! 破壊したロックから取り出したブレイクが夕焼けに向かって一直線に走り出す本作は、ワビサビにすら香ばしさが感じられるような、徹頭徹尾リズム&ブルースな一枚だ。(小野田)

ミッシェル・ガン・エレファント 『SABRINA HEAVEN /SABRINA NO HEAVEN』 ユニバーサルJ

  荒れ地に横たわり朽ちていくことを拒否した巨象、大炎上。その魂は天国へ昇ったのか、はたまた地獄に墜ちたのか。しかし、ここには生ぬるい感傷気分は当然ながら微塵もなく、見上げた空には美しい星、ただそれだけがあった。(小野田)

ガガガSP 『オラぁいちぬけた』 ソニー

  そのタイトルどおり、流行モノの〈なんちゃらパンク〉という括りとは別の位置にいますよ!違うんですよ!的な宣言を果たした、気合いの一枚。パンク&ブルース&フォークを音楽性の根っことしながら、心意気剥き出しで突っ走る彼らの道中には、ひょっこりと泉谷しげるが現れたり。(土屋)

太陽族 『手をつなごう』 WIN

  興味深いのはそのキャラクターだけじゃないぞ。ブルーハーツ直系の血が注入されたヤンチャ小僧たちのファースト・フル・アルバムは、親方が持っていた人懐っこいメロディー感をしっかりと継承。優しい顔してながら、その目の奥にしっかりと熱いロック・スピリットを覗かせるところもね。(久保田)

NIRGILIS 『テニス』 クアトロ

  チボ・マットを経由した21世紀型バンド・サウンドとでもいいましょうか。オルタナティヴなスピリットを胸にテクノ、ヒップホップ、ギター・ポップを横断してみせた彼らのファースト・アルバムは、旧態依然な〈バンド〉の概念をグニャリと変質させる効果バッチシでした。(内田)

RAZORS EDGE 『RAZORS RISING!!!!』 PIZZA OF DEATH

  ふたたび過熱ぶりをみせるスラッシュ・ハードコア。なかでもひと際熱い、RAZORS EDGEのセカンド・アルバム。ジャパコアな勢いを継承しつつも、抜けのいい明るさは確実にいまの音だ。一気に突っ走りつつ展開も盛りだくさん。とにかくモッシュするのみ!(土屋)

BACK DROP BOMB 『NIPSONG』 CARNAGE/トイズファクトリー

  ポスト〈ポスト・モダン〉が一見モダンに反転したような、継ぎ接ぎゼロの本作。しかし、これは映画「ターミネイター」の世界というか、液体にも固体にも気体にもなる、分子構造の配列からしてまったく新しい新素材の重金属のようなアルバムだ。(小野田)

インタビュー