こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/北爪 啓之、冨田 明宏

 ネクスト・レヴェルに到達したブリちゃん、完熟を迎えたカイリー様、UKポップス・シーンで四面楚歌のピンチを華麗に切り抜けたブルー。ロシアで発生してアウト・ブレイクな人気の拡がりを見せたタトゥー・ウィルスなどなど、今年も話題が尽きず活況を見せたポップス・シーン。しかし最大の収穫といえば、衰えを知らないR&Bシーンに対抗する最後の牙城ともいうべき、マトリックスに代表されるロック味濃厚なプロデューサーたちの大活躍だ! 〈M.I.B〉のごとくシーンの影で暗躍する彼らの動向には2004年も目が離せない!(冨田)

t.A.T.u. 『200Km/h In The Wrong Lane』 Interscope

  プロモ・クリップでのキス・シーンやドタキャン騒動などで、すっかりワイドショーの常連と化してしまったが、思春期特有の心の揺らめきをどこか悲痛で哀感漂うメロディーに託した歌の数々こそが、彼女らの本質であることを忘れちゃイカン!(北爪)

MADONNA 『American Life』 Maverick/Warner Bros.

  エレクトロクラッシュという最新兵器を片手に〈音楽的革命〉をたくらむ彼女の強靱な意志は、チェ・ゲバラを意識したジャケからも確実に伝わってくる。本作における〈アメリカ〉とは、つまり味方でもあり、敵でもあるのだ。この姿勢、断固支持!(北爪)

MICHELLE BRANCH 『Hotel Paper』 Maverick/Warner Bros.

  19歳という少女から大人の女へと移り変わる微妙な年頃の繊細な感覚が、剥き出しの状態でさらけ出された、刺激的でリアルな表現に溢れる超傑作セカンド・アルバム。そしてリアルな大人の女、シェリル・クロウがゲストとして参加!(冨田)

LIZ PHAIR 『Liz Phair』 Capitol

  セクシー・セミ・ヌード・ジャケでいきなりKO! しかし中身のほうは、これまた〈リズ節〉全開でフル・ヌード状態だ! キャッチーなメロディーに乗せて赤裸々な日常を歌う姿勢はまさにロック。オルタナ界のアイドルによる復活作! プロデューサーには、マトリックスが参加!(冨田)

STACIE ORRICO 『Stacie Orrico』 Virgin.

  現在17歳にして敬虔なるクリスチャンである彼女が醸し出す清冽な空気と、ダラス・オースティンをはじめとするヒットメイカーたちによるモダンなR&Bサウンドの香気が見事に昇華された奇跡的アルバム。今後が楽しみな恐るべき実力派ティーンエイジャーが登場だ!(北爪)

LILLIX 『Falling Uphill』 Maverick/Warner Bros.

  マドンナに見い出されデビューした、ロックでキュートな〈じゃじゃ馬4人娘〉のファースト・アルバムは、ここ日本でも大ヒットしました! マトリックス、グレン・バラード、リンダ・ペリーといった超強力プロデューサー軍団の熱い仕事にも心から拍手!(冨田)

HILARY DUFF 『Metamorphosis』 Hollywood

  デビュー・シングル“So Yesterday”が全米チャートのNo.1に輝き、アメリカを代表する国民的アイドルにして〈ポスト・ブリトニー〉の最右翼といわれる彼女の、ロック色濃厚な全米No.1アルバム! プロデューサーにはなんと! ここでもマトリックスの名が!(冨田)

BRITNEY SPEARS 『In The Zone』 Jive

  大人への階段と共に音楽性への階段までも三段跳びで駆け上がったかのような、全方位型アーバン・ダンス・ポップとでも呼ぶべき傑作アルバム。マトリックスやモービーら凄腕プロデュース陣の要求に完璧に応えた彼女こそ、まさにプロフェッショナル・アイドルの最高峰でしょ!(北爪)

KYLIE MINOGUE 『Body Language』 Parlophone

  みずからの音楽的背景である80'sサウンドと最新のダンス・ミュージックをハイ・レヴェルで融合させ、しっかりと〈いまのシーン〉に落とし前をつけた彼女を、タダのセクシー姉ちゃんだとは言わせない! 彼女は美しく聡明で、そしてなによりカッコイイ。(北爪)

PINK 『Try This』 Arista

  大半の曲がランシドのティム・アームストロングとの共同作業による、パンク度濃厚な痛快サード・アルバム。といっても驚くことはない。16歳から単身で険しいショウビズ界を歩み続けてきた彼女のスピリットは、ロックを歌おうがR&Bを歌おうが常に変わらず〈パンク〉だったのだから!(北爪)

BLUE 『Guilty』 Virgin

  伝統的な英国ボーイズ・グループの流れを踏襲しつつも、アルバム・リリースごとに革新的なポップ・エッセンスをふんだんに盛り込み、多くのファンを魅了してきたブルー。サード・アルバムとなる今作は力強いロック風のスパイスで味付け。とろけるようなバラードもモチロン健在だ!(冨田)

BUSTED 『A Present For Everyone』 Island

  デビュー当時のアイドル・ポップ・パンクな路線から勢いよく脱線したこのセカンド・アルバム(思春期モヤモヤ狂騒曲集!)は、〈アイドルと呼んだらしばく!〉と言わんばかりに爽快なグッド・メロディーを多数収録する傑作! 英国版ブリンク・182となる日も近い!?(冨田)

インタビュー