こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/駒井 憲嗣、内田 暁男、望月 哲

2002年でいうところの元ちとせのように、強烈なインパクトとその後に大きな影響を与えるような新顔はあまり見当たりませんでしたが、キャラとサウンド・コンセプトが楽しかったHALCALIやチャレンジ精神旺盛だった一青窈にはやはり新人賞を授けたいところ。全体的には、着実にキャリアを積み重ねてきたアーティストたちの良作が多かったような気がします。アーティスティックな世界観を確立しながら、リスナーの耳に近い〈やさしい〉印象を受ける作品を届けてくれたアーティストが多かったことも、興味深いところでした。(久保田)

一青 窈 『月天心』 PASSION

  エレクトロ・ビートからフィリー・ソウル、歌謡曲まで雑多に飲み込んでいく頑丈な胃袋で、聴くものの裏をかいていく。癒しではなく、自由奔放さこそが彼女の魅力だ。このファースト・アルバムでの、イマジネーションのシアトリカルな発露と意外性との痛快な振り幅は、病み付きになる者を多数生んだ。(駒井)

椎名林檎 『加爾基  精液  栗ノ花』 東芝EMI

  唖然とするほどカンペキに構築されたサウンド・テクスチャーと、みずからのキャラクターへの執着、そしてアイデンティティーへの問いかけ。椎名林檎を椎名林檎たらしめる、そうした要素が見事に結実した。センセーショナルに語るよりも、その意志の圧倒的な清清しさを聴け。(駒井)

カヒミ・カリィ 『Trapeziste』 ビクター

  菊地成孔、高井康生らを迎え、フリージャズやミュージック・コンクレートなどの現代音楽と、パリの息吹を伝えるフリーキーな音響芸術が構築された一枚。クール&ビューティーは健在なれど、より生々しさを増した独創的なサウンドからは強い自我が見え隠れしている。(駒井)

YUKI 『commune』 エピック

  成熟は決して同じ形をとって現れない、このセカンド・アルバムにおいても。メンタルとフィジカルを穏やかに融合させた〈皮膚感覚〉で伝えられたチャーミングな楽曲たち。この力の抜けた〈ソフトさ〉こそが、聴くものに人生のアンニュイを蹴散らし、勇気と元気をもたらしてくれる。(駒井)

小泉今日子 『厚木I.C.』 ビクター

  曽我部恵一、永積タカシ、宮沢和史、浜崎貴司などの男たちからプレゼントされたラヴレターのような楽曲と、それに息を吹き込むKYON2の歌声。ライト・ボッサな手触りのなか、双方の親密な関係性が透けて見えるよう。久々の新作にはそんな喜ばしい邂逅がいっぱい。(内田)

つじあやの 『恋恋風歌』 スピードスター

  京都とタンバリン・スタジオを結ぶ空気はこんなにも軽やかで瑞々しかった。〈ウクレレ・シンガー〉という形容からも解き放たれた名曲群は、彼女の抑揚を抑えた歌唱にも変化を与えたようだ。多彩なアレンジメントが、さまざまな初恋の味をほがらかに描き綴っていく。(駒井)

Cymbals 『Love You』 ビクター

  サニーデイ・サービス『LOVE ALBUM』と相似形で語ることもできるであろうCymbalsのラスト・オリジナル・アルバム。コンセプチュアルな仮面を脱いだ3人の姿が、鍵盤を主体としたドリーミーなバンド・サウンドのなかに息づく。ナチュラルでセンチメンタルな終章。(内田)

orange pekoe 『Modern Lights』 BMGファンハウス

  クラシカルなソングクラフトとハイパーでモダンなプロダクションの素敵な蜜月。決して浮世離れせず、人肌の温かさを保った〈パンチドランク・ラヴ〉のような多幸感。そこにあるのは音楽の原初が持つパワーと、ひたむきなポップ・ソングへの愛情だ。(駒井)

HALCALI 『HALCALI BACON』 フォーライフ

  脱力系ラップ?なる新ジャンルを築いた、エポックメイキングなデビュー盤。中高生コンビの自然体の魔力が、O.T.Fをはじめとしたクリエイター陣の親心もといクリエイティヴィティーを焚きつけた。エッセンシャルなトラックに屈託なく身体をまかせる2人に勝負あり。(駒井)

元ちとせ 『ノマド・ソウル』 エピック

  山崎まさよし、あがた森魚、松任谷由実など多彩な作曲陣の作品を闊達としたパーソナリティーでしなやかに、そして強靭に歌いこなす。まるで人の原初の記憶を遡るようなその声で、国境と時代を跨いで歌を紡いでいく、遊牧民の魂を持つシンガーの新たなる旅の記録がここに。(駒井)

Leyona 『SunRoad』 エピック

  忌野清志郎やGラヴなど、世代や国境を超えたソウル・メイトとのセッションを経て届けられたサード・アルバム。ブルースやレゲエといったルーツ・ミュージックへの敬愛と、〈歌う〉という行為に対する無邪気かつプリミティヴな喜びに満ち溢れたピースフルな一枚。(望月)

aiko 『暁のラブレター』 ポニーキャニオン

  どう考えてもキャリア最高傑作の本作は、彼女をさらなる高みへ導いた。〈胸キュン〉なメロディーに濃縮された女子のロマンティシズムが小爆発を起こしまくりのあり得ない全12曲。僕は本気で筒見京平の後継者だと思ってますが、みなさんどうでしょう?(内田)

インタビュー