こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/内田 暁男、小野田 雄、駒井 憲嗣、土屋 恵介、望月 哲

2002年でいうところの元ちとせのように、強烈なインパクトとその後に大きな影響を与えるような新顔はあまり見当たりませんでしたが、キャラとサウンド・コンセプトが楽しかったHALCALIやチャレンジ精神旺盛だった一青窈にはやはり新人賞を授けたいところ。全体的には、着実にキャリアを積み重ねてきたアーティストたちの良作が多かったような気がします。アーティスティックな世界観を確立しながら、リスナーの耳に近い〈やさしい〉印象を受ける作品を届けてくれたアーティストが多かったことも、興味深いところでした。(久保田)

KICK THE CAN CREW 『magic number』 ワーナー

  紅白初出場後、元旦に発表された決定盤。ヒップホップによってポップの方法論を拡張した3MCは、“sayonara sayonara”“アンバランス”といったクラシックを収録した本作である種の絶頂を迎えたか? いやいや、彼らはまだアガりつづけている。(内田)

冨田ラボ 『shipbuilding』 東芝EMI

  MISIAや平井堅のサウンド・プロデューサーとしても知られる才人・冨田恵一のソロ・プロジェクト第1弾は、ポップ職人としての叡智と矜持がたっぷりと詰まった濃厚な一枚に。ハナレグミやユーミンといったゲスト陣に交えて披露された、本人のジェントリーな歌声も味わい深し。(望月)

氣志團 『BOY'S COLOR』 東芝EMI

  夢見がちな〈しゃかりきコロンブス〉たちによる12編のティーンズ・アンセム。泣いて笑って喧嘩して大人の階段を遮二無二駆け抜けたあのころの記憶が、甘酸っぱい刺激を伴ってフラッシュバック。夢を見ることを忘れてしまった、すべての大人に捧げる回春の一枚となった。(望月)

HY 『Street Story』 climax entertainment

  ここ数年注目されまくっている沖縄のロック・シーン。HYの、このセカンド・アルバムの大ヒットによって、それもひとつのピークに達したのでは?……と、なんだかんだいっても10代の若さでこれだけの作品を作り上げたのは見事。青春の音は沖縄の海のごとく青いんです。(土屋)

クレイジーケンバンド 『777』 ダブルジョイ

  説明できねぇほどにセツネエ。胸苦しさをも感じさせるビターでメロウなナンバーを多数収録した一枚。テーマはズバリ〈目眩〉。韓国ロックの首領・申重鉉のカヴァーなど、パンチの効いた楽曲を要所要所に挟み込むなど、持ち前のゲバゲバなサービス精神もしっかりと発揮された。(望月)

曽我部恵一 『瞬間と永遠』 ユニバーサルJ

  前作から約9か月という短いスパンで届けられたセカンド・アルバム。持ち前のメロウな歌声で愛の大切さを切々と歌い上げたラヴ・ソングはもちろん、〈家には帰らない♪〉なんて困ったことを酔いどれモードで歌い上げる豪快なブルース・チューンも実にらしくてイイ塩梅でした。(望月)

LABCRY 『LABCRY』 Vibe-on

  〈関西〉でロックと言えば、やっぱりエヴリデイ・ピープルな彼らでしょ。ハミ出してしまった者たちのエスケイピズムがブルーな色彩にくるまれて、ふんわり漂うトロトロなひととき。全国で〈これ聴いて泣きました!〉(映画CM風に)という声が多数寄せられてます。傑作!(小野田)

ケツメイシ 『ケツノポリス3』 トイズファクトリー

  やんちゃと男汁、そしていくらかのお下劣を漂わせながら、骨太な歌とラップから伝う切なさとディープさ。日々の暮らしのなかで訪れるさまざまな出会いと別れを、親しみやすくダンサブルなトラックで、さらりと明るく歌ってしまう頼れる兄貴分の懐の深さ。(駒井)

キリンジ 『For Beautiful Human Life』 東芝EMI

  狂ったように聴き続けているが、発見が連続しすぎて目眩がする。プロデューサー、冨田恵一とのタッグも含めて充実度最高潮で放たれた充実作。流麗な旋律と練られた言葉、発想豊かなアレンジの蜜月は何人たりとも寄せつけないポップ・マエストロぶり。(内田)

ゲントウキ 『いつものように』 Dreamusic

  キリンジより後に登場したなかでも、もっとも突出したポップ・バンドのメジャー・デビュー作。ソフトロック、ボサノヴァなど豊富な音楽的ヴォキャブラリーを瑞々しい〈歌〉にまとめるソングライターの田中潤は、その類い希な声も相まって、〈なにか〉をやってくれそうな確信犯だぞ。(内田)

GOING UNDER GROUND 『ハートビート』 ビクター

  プロモ・クリップも含め、2003年でいちばんその〈物語〉を印象付けたバンド。〈ここまでやるか!〉というたたみかけるような〈込み上げ系〉青春サウンドが展開された一枚。どこまでも真っ直ぐでメランコリックな歌と、シャープなバンドのアンサンブルが胸を打った。(駒井)

PE'Z 『極月 -KIWAMARI ZUKI-』 東芝EMI

  往年のTVドラマを思わせる、強引で暑苦しいほどのガッツ。全力で駆け抜ける疾走感。そうした笑えるくらいな猪突猛進ぶりと牽引力はいま貴重だ。ジャズという規範を広げ、そのエッセンスをストリート云々といったところを超えて、お茶の間に届けた功績は大きい。(駒井)

インタビュー