こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/達磨 剣、ケチャ

 そもそもはクラブ・ミュージックのフィールドで活動していたクリエイターたちがみずからの創作意欲に任せて好きな音を作っちゃった……その挙げ句に生まれた自由奔放な音楽。2003年はそういった〈ポスト・クラブ・ミュージック〉的な潮流も次なる次元を迎えていたように思います。つまり、とにかく〈良い音楽〉〈おもしろい音楽〉をやってやろうじゃないか、ということ。そのなかで、2003年もっとも注目を集めたCalmの存在が光っているわけですが、ROMZ組やSLY MANGOOSEの自由奔放さも目立ったものでした。さらに視野を広げれば、JazztronikやFREETEMPOの大躍進にはほんのりと渋谷系リヴァイヴァルの予感も……。(達磨)

TUCKER 『TUCKER IS COMING』 BANGPAK

  最高にファンキーでパンピンなエレクトーン奏者にして、最高にファニーでクールなエンターテイナー、TUCKERが渾身の情熱を注ぎ込んで作り上げた最高にオールド・スクール・ラヴ!な一枚。おもちゃ箱をひっくり返した感じって、まさにこのこと!(ケチャ)

ファンタスティック・プラスティック・マシーン 『too』 cutting edge

  高宮マキ、コラリー・クレモンらを迎えたヴォーカル曲も眩い一枚。当然のように今作も大ヒットを記録して余裕の大御所っぷり……だけでもないここ最近のFPM。長年に渡ってヤングにとってのクラブ・ミュージックへの入り口であり続けているあたり、偉大です。(達磨)

REBEL FAMILIA 『REBEL FAMILIA』 REBEL FAMILIA RECORDINGS/POSITIVE

  ダブのなんたるかを精神性も含めて追求した挙げ句に産み落とされた、究極のレベル・ミュージック。生産者は秋本武士、GOTH-TRADという2人の反逆者。すべてにおいてハードコアな彼らのデビュー盤、とにかく重くて熱く、そしてヒリヒリと痛い。(達磨)

Calm 『featuring Moonage Electric Ensemble』 Ancient future

  ラストラムこの1年でもっとも存在感を発揮したクリエイターとはこの人、Calmでしょう。壮大な世界観を構築しながらも、それをポップ&キャッチーに聴かせる技術、いや心意気にこそ感動させられた。今作を再現した総勢20人におよぶライヴも凄かった。(達磨)

SLY MONGOOSE 『SLY MONGOOSE』 LOCARNO

  東京アンダーグラウンドのツワモノたちによるこのグループの存在も、現在のクラブ・シーンのひとつの在り方として重要なもの。グルーヴィーなブツなら全部ブチ込むそのミクスチャー・サウンドからは東京の夜の匂いがプンプンしてくる。2004年は新展開があるような気も。(達磨)

Jazztronik 『Horizon』 徳間ジャパン

  プロデューサー、リミキサー、DJとしても引っぱりだこのJazztronikこと野崎良太のメジャー・デビュー・アルバムにして大出世作。初の日本語女性ヴォーカル曲を収録した今作は、クラブ・ミュージックとポップスの境界線をあっという間に消し去った。2004年の活動にも期待大。(ケチャ)

MONDO GROSSO 『NEXT WAVE』 REALEYES/ソニー

  いやがおうにもアガらずにはいられないファンキー・ハウスの流れをモロに汲んだアッパーなトラックの数々は、最近の大沢伸一のDJプレイにも如実に表れております。BoA、UA、Dragon AshのKj(降谷建志)など大物シンガーの大胆な起用も話題に。(ケチャ)

Final Drop 『elements』 KSR

  屋久島のゆるーい空気感とDJ KeNsEi、Kaoru Inoue、GoRoのフリーなヴァイブ、そして自然の驚異が織りなす神秘的な映像が三味一体となって極上のチリング・タイムへと誘う話題作。今後さらに主流になるであろうフィールド・レコーディングの記念碑的アルバムだ。(ケチャ)

FREETEMPO 『The World Is echoed』 Forestnauts

  誰もが純粋に良いと思えるクラブ・ミュージックの美味しいエッセンスを凝縮したクロスオーヴァー・サウンドは、ターンテーブルの上だけでは収まりきれないほどのポピュラリティーを獲得。仙台発宇田川町経由お茶の間行きを見事に成し遂げた一枚。(ケチャ)

SHIRO THE GOODMAN 『踊り狂って飯が腐るのだ』 ROMZ

  テクノ、ブレイクビーツ、ジャングルなどを鋭い着眼点と独特のユーモアをもってダンスホール・レゲエと結び付ける神憑かり的なミックスを披露した一枚。〈楽しければなんでもあり〉を体現し続ける、愛すべきROMZの番長から今後もますます目が離せない!(ケチャ)

インタビュー