こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/青木 正之

 マッシヴ・アタック、ロニ・サイズ、クラスト&ダイのアイ・カマンチ、ロブ・スミス、コシーンらのアルバム・リリースで、ブリストルが沸き返ったこの1年。彼らを中心にダブやドラムンベースにリスナーの興味も向かい、良い意味でメジャー感のある作品も多く登場した。それとは逆の動きを見せたのがガラージ。本国UKでも話題になる機会は激減し、このまま消滅かと思いきやディジー・ラスカルのようなスターも誕生、地下では実験的なブレイクビーツを精力的に生産した。新種のサウンドが飛び出す気配もあって2004年は注目だ。(青木)

RONI SIZE 『Touching Down』 Full Cycle

  常にその動向が注目されるロニ・サイズ初のソロ・アルバム。ヴォーカル・トラックを含まず、フロアに直結したダンス・オリエンテッドでドープな作風は、速めのBPMやロニ自身によるミックス仕様も相まって興奮度倍増! ハードコアな傑作です。

SHY FX & T POWER 『Set It Off』 FFRR/London

  キラー・トラック“Shake Ur Body”をはじめ、全曲シングル級の格好良さ! ドラムンベースを中心に据えながら、ヒップホップ、ダンスホール、ラテンまでをブレイクビーツに溶け合わせ、そのすべてをキャッチーに仕上げた、メジャー感溢れる超名作!

ASIAN DUB FOUNDATION 『Enemy Of The Enemy』 Labels

  新生ADFの門出であり、ビルドアップされた重量級サウンドが唸る彼らの最高傑作! ポップ度をアップする一方で、ヒップホップやダブにもより接近。実験的な試みも随所に見られ、あらゆる面での成長を確認できる。

MASSIVE ATTACK 『100th Window』 Virgin

  3DとダディGの2人体制になったマッシヴの前作から4年半ぶりとなるアルバム。2人になっても闇に包まれたダークな音色とダビーなブレイクビーツは健在。聴き手の精神状態を不安定にさせるような不穏な空気はさらに濃くなったが、不思議と聴きやすさも同居している。

MORE FIRE CREW 『More Fire Crew C.V.』 Go Beat

  メジャー・フィールドで活躍しながらも、アルバムに収められたトラックはコマーシャル感ゼロのストイックな内容。変態一歩手前の変則ブレイクビーツには抵抗もあるだろうが、一度味をしめたら麻薬的効果抜群でヤミつき度もかなり高い。

MJ COLE 『Cut To The Chase』 Talkin' Loud

  2003年随一の正統派ガラージ・アルバム。全編にヴォーカルを入れ、シャンパンの似合う、ゴージャスでセクシーな艶のあるスタイリッシュ・ガラージから、パンピンなパーティー・チューン、ラガ、R&Bとまさにガラージ見本市と呼ぶに相応しい内容。

MAKOTO 『Human Elements』 Good Looking

  〈これぞグッド・ルッキング!〉と言いたくなるインテリジェント&コズミック、そしてソウルフルな感覚が存分に表現された待望のファースト・アルバム! クリーヴランド・ワトキスの歌がスピリチュアルに響く“Time”を筆頭に、全曲とろける聴き心地!!

PLUMP DJs 『Eargasm』 Finger Lickin'

  プランプDJs事実上のファースト・アルバム。フロア向け作品が幅を利かせるニュー・スクール・ブレイクスにあって、チルアウト向けのダウンテンポや、ゲイリー・ニューマンをフィーチャーしたニューウェイヴ調に挑戦するなど、ニュー・スクールの新たな指針を示した完成度の高いアルバム。

DIZZEE RASKAL 『Boy In Da Corner』 XL

  まだ10代ながらUKでトップクラスのMCとして認められたディジー・ラスカル。チープなプロダクションと驚くほど起伏に富んだフリーキーなビートにディジーのクールなMCが突進して、ガラージでもヒップホップでもない唯一無二の世界を完成。ブッ飛びます!

ROB SMITH 『Up On The Downs』 Grand Central

  スミス&マイティのロブ・スミスが放った初のソロ・アルバムは、むせ返るほどにドープかつスモーキーで濃密なひとときを与えてくれる。ブリストル産ならではの野太いベースに燻されたブレイクビーツと多国籍的なヴォーカルがジワジワと身体に染み込みます。

SO SOLID CREW 『2nd Verse』 So Solid Beats/Independiente

  ハイプではなかった! 彼らが単なるキャラクターやゴシップだけの色物でないことを証明したセカンド・アルバム。ガラージを下敷きに彼らのルーツであるR&Bやヒップホップを前面に押し出し、本来やりたかったことをストレートに表現した熱い一枚。

FREQ NASTY 『Bring Me The Head Of Freq Nasty』 Skint

  スキント移籍第1弾!といっても微塵の気負いも感じさせず、ぶっといサブベース全開のニュー・スクール・ブレイクスで暴れまくり! 勢いだけでなく、ヴォーカルの導入や優れたアレンジでアルバム一枚を飽きずに聴かせてしまうテクニックもさすが。

インタビュー