こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPANESE HIP HOP/REGGAE その2

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2003年12月25日 11:00

更新: 2003年12月25日 19:18

ソース: 『bounce』 250号(2003/12/25)

文/稲村 智行、大石 始

ACKEE & SALTFISH 『STILLA STRUGGLE』 錦コミュニケーション.

  彼らからの影響を口にする新世代が台頭するなか、元祖の味はやっぱり格別だった。オキナワン・テイストも随所に散りばめつつ、豊富なアイデアを次から次へと繰り出すその引き出しの多さに誰もが驚愕した一枚。楽しくてポジティヴ&コンシャス。コレが基本。(大石)

湘南乃風 『湘南乃風 ~Real Riders~』 トイズファクトリー

  すでにテープ音源では注目を集めていたものの、彼らもこのメジャー・デビュー・アルバムで一気に人気爆発。4者4様のキャラクターとヒップホップ・ファンも惹きつける自在なコンビネーションを武器に、レゲエのニュー・ジェネレーションの象徴的存在にまで登り詰めた。(大石)

S-WORD 『STAR ILL WARZ』 Def Jam Japan

  S-WORDの2作目。前作とはまったく異なる趣を持った今作は、進化することを決定づけられたMCの性か、こちらの予想をはるかに超える一枚になった。冒頭曲ではNITROの面々が全員集合して狼煙を上げているほか、リメイク曲にも挑戦するなど果敢な闘いが連続する一枚。(稲村)

Loop Junktion 『Turkey』 ソニー

  セカンド・アルバムとなる今作は、アンサンブルのタイトさもさることながら山仁のラップ&ポエトリーにもさらなる磨きがかかっている。また、横との繋がりもみせながら、軽くジャンルの壁をも超えてしまっているところにも注目。生のグルーヴのカッコ良さを痛感させられた会心作。(稲村)

MIGHTY CROWN 『REGGAE TIME BOX ~UNFORGETTABLE TREASURE~』 ビクター

  レゲエ・シーンの2003年を象徴するビッグ・ダンス〈横浜レゲエ祭〉を主宰したほか、2003年もシーンを牽引したMIGHTY。彼らがエデュケーション的な意味合いの強いこのミックスCDを発表したことも象徴的な〈事件〉でした。(大石)

Home Grown 『GROWN UP』 ポニーキャニオン

  ジャパレゲ界にある真実、それは日本でNo.1のダンスホール・バンドがHome Grownだってこと。2作目となる今作でも前作に引き続き、ジャパレゲを代表するシンガー/DJが参加。ただのお祭り騒ぎに終わらないのは、演奏そのものの練り上げ具合がハンパないから。リスペクト!(大石)

RYO the SKYWALKER & FRIENDS 『HOW TO HUNT IN THE BUSH』 BUSH HUNTER/ワーナー

  各地の〈本当にヤバい〉アーティストが集った、RYO主宰によるBUSH HUNTERのショウケース的一枚。Proffesor Chinnenら2004年にブレイクが予想されるDJも凄いが、未来を見据えたRYOの頼もしさったらない。(大石)

MIGHTY JAM ROCK 『3 THE HARDWAY III』 ビクター

  男気溢れる3人のDJをフィーチャーしながら、レゲエの夏のラストをハードコアに彩ってみせた決定打。現場と作品の温度差の違いがほとんどないあたりにも研究の成果がありありと。ヴァイブスの高さと声のデカさではピカイチ……って、この人たちはあらゆる面でも無敵。(大石)

ZEEBRA 『TOKYO'S FINEST』 FUTURE SHOCK/ポニーキャニオン

  ソロとしては3作目となる今作は〈フロアライクな日本語ラップ〉を追求・提示し、ソロ・アーティストとしてのアイデンティティーをはっきりと表した会心作。耳触りの良いトラックやゲスト陣のキャスティングの妙もキラリと光っている。(稲村)

インタビュー